ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マイナスイオンでリラックス! 岩塩内蔵のLEDルームライト「Zencube」がおしゃれ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

食塩として、またバスソルトとしても人気が高いヒマラヤ岩塩。あのピンク色の塊にはミネラルが豊富に含まれているのだという。

しかもそれだけではないようだ。マイナスイオンを発生させるという点に着目した、ヒマラヤ岩塩のルームライト「Zencube」がクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した。

マイナスイオンに加え、LEDで好みの色に設定することで、心身のリラックスを促し、睡眠の質の改善も期待できるという。

・アプリで色は自由自在

Zencubeは、名称にある通り四角形のデザインで、中にヒマラヤ岩塩とLEDライトを備えている。スイッチをオンにすると、岩塩を通して優しい光がこぼれる。

ライトの色は、専用のスマホアプリで自由に設定でき、気分に合わせて変更することでムードランプとして使える。

・オイルの香りも楽しめる

開発元によると、私たちの身のまわりには電磁波や放射線がいっぱい。これらから発生するプラスイオンを岩塩のマイナスイオンが中和することで、睡眠の質の改善など心身へのプラス効果が期待できるのだという。

また、Zencubeの上部にはエッセンシャルオイルを入れられるポットがあるので、香りで一層のリラックスを促すことも。

リビングや寝室に置き、一日の疲れを癒すのに使うと良さそうだ。インテリアとしてもいい雰囲気を醸し出しそう。

気になる値段はというと、予定小売価格249ドル(約2万6000円)のところ、Indiegogo では129ドル(約1万4000円)から。

すでに目標額の調達に成功し、年内の発送を予定している。出資はあと1カ月ほど受け付ける。

Zencube/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP