ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

座って乗って時速8kmで移動できる、世界初の電動モーター付きスーツケース「Modobag」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅行で、出張で。どうしても荷物が多くなり、スーツケースを持ち歩くのがツライ……、そんな人に耳寄りな「Modobag」というスーツケースが登場している。

・世界初、電動モーター付きスーツケース、乗って移動もできる!

なんと世界初の“電動モーター付きスーツケース”で、上に座って乗って目的地まで移動できるというシロモノだ。歩くのと比べると、3倍のスピードが出るという。

150ワットの電動モーターを搭載。カバン本体のサイズは、22×56×35センチメートル、重さは約8.6キログラム。体重約118キログラムの人まで上に乗れるという。

キャリーケースとして使うときの持ち手部分がそのままハンドルバーになり、ちょうど短い自転車ハンドルのような格好になる。誰でも簡単に、右や左に曲がったり、ブレーキをかけたりといった操作ができるという。

・屋内で約時速8km、屋外モードで12.8kmというスピード

最大時速は、屋内モードでは約時速8キロメートル、屋外モードだと12.8キロメートル。かなりのスピードがでる。

タイヤはスリップ防止仕様になっていて、平らな地面を走行するのに適している。

81kgの人が乗ったとして、9.6キロメートル以上の走行が可能だ。

実にパワフルなスーツケースは、乗り物機能としてみても、空港やキャンパス内など、さまざまな場所で活躍してくれそうだ。

・パワフルなバッテリー、高速充電を実現

スーツケース内部には、USBポートが2つ搭載されているので、同時に2つの電子デバイスを充電可能。また、カバン側面にはスマートフォンやタブレット、ラップトップを入れるのにピッタリなポケットがあるのも便利。

米国特許取得の独自リチウムバッテリーは、わずか15分で80%チャージ、フルチャージには1時間かからないという高速充電を実現。4000回のチャージサイクルに耐えられる。付属のチャージャーをコンセントにつなげて充電しよう。

GPRS-GSMを使って荷物の場所を追跡することも可能で、アプリで現在地をチェックできる。

また、一定距離離れるとアラートを送って知らせる機能もあるので、もっとも悩ましい空港でのトラブル“荷物紛失”を防ぐことができる。

・Indiegogoで目標金額の3倍を集める

超早期予約価格で995ドル(約1万400円)+配送料金、提供開始は2017年1月を予定。クラウドファンディングサイトIndiegogoで、すでに目標金額5万ドル(約525万円)の3倍超の投資資金を集めている。

これがあれば、重い荷物を引っ張って歩いていた過去にはサヨナラできそう。
(※ただし、日本国内での走行については、道路交通法参照のこと)

Modobag

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。