体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

0.5秒で僕の体がデジタルデータに! とりあえずゲームに入り込んでみたらかなり面白いことになった

IMG_9088_f

「ちょっとオサダさん、これ面白そうだから裸で全身スキャンされてきてよ」

「な…、何を言っているのかわからねー」と思うでしょうが、編集部に降りてきた“神の声”は確かにそう言っておりました。

皆さんは“ボディスキャナー”って聞いたことがありますか?ちなみに僕は初耳でした。
ボディスキャナーとは人間の全身を3D的に測定する装置。ボディスキャナーを使うと僕の体型を数値化してフィギュアを作ったりすることもできるし、オーダーメイドの服を作ったり、精密なダイエットのデータを取ることができちゃうそうなのです。

karada3D_02

しかし、これまでの一般的なボディスキャナーは、測定するのに数十秒~10分ほど必要でした。もちろん、撮影されている間、撮られる人は動いてはいけません。カメラを多数設置した大掛かりな規模のものであれば、一瞬で撮れるものもあるようですが、それはもはや設備と呼ぶクラス。

ところが今、世界で最も高性能なクラスのボディスキャナーになると、その測定が0.5秒で完了してしまうというのです。10分が0.5秒ですよ。これって進歩の度合いで言ったら、江戸時代のカメラから一気にハイエンド1眼レフにワープとか、まあ、多分そういうことですよね。

「そう、そのスゴいボディスキャナーを試させてくれるそうだから、行ってきて」

まず、撮ってみよう

そんなわけで、銀座にある『スペースビジョン』社で、世界最高クラスの3Dボディースキャナー
『スクーブ G4』を試すことになりました。

「こちらへどうぞ」

10畳くらいの部屋でしょうか、身長測定器のようなものの中で、すでに全裸の女性がスタンバっていてギョッとする僕。よく見たらマネキンでした。びっくりした。

IMG_8920_f2

「今日はよろしくお願いします……ところで、裸にならないとダメですか?」おそるおそるスペースビジョンの人に聞くと「いえいえ(笑) 男性の方は、トランクスの上にボクサーパンツつけていただければ大丈夫ですので」と優しい返事。(よ、よかった……)

IMG_8950_f IMG_8961_f

最初は髪の毛部分も覆うため、白い水泳帽をかぶりました。

「はい、それでは足のマークがあるところに立ってくださいね。」

緊張しながら、パンイチで三本の柱の真ん中に立つ僕。

IMG_8998_f2

「はい、手は真っ直ぐにして、ちょっと浮かせてください。手のひらは揃えてくださいね」
言われるがまま、体を固定する僕。

「3、2、1(パシャッ)……はい、終了ですー」
※通常は画面上の案内に従い、自分でスキャンボタンを押して自撮りできます

1 2 3 4次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy