ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゲイアイドル、二丁ハロに1000年に1人の逸材あらわる! 新メンバーが加入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ゲイでもアイドルになれる」をコンセプトにアイドルを活動する、ゲイアイドルの二丁ハロ新メンバーに、「きまるモッコリ」の加入が発表された。

約半年間行われた二丁ハロ第三期新メンバーオーディションに参加した全国数人の中から選出。加入の決め手となったのは、ずば抜けたビジュアルと異彩を放つ存在感。歌やダンスは未経験ながら、その輝く若さと活躍に期待ができそうだ。

加入したきまるモッコリは「メジャーデビューをして史上初のゲイアイドルで最優秀新人賞を獲得する」とのたのもしい意気込み。

初お披露目は、二丁ハロの原点ともいうべき新宿二丁目のAiSOTOPE LOUNGEで8月19日に行われる「東京歌謡曲ナイト」を予定。新宿二丁目でのゲスト・ライヴ出演は、約2年ぶりとのことで話題を呼んでいる。

二丁ハロはミキティー本物、百恵、ぺいにゃむにゃむの3人で構成されるゲイ・アイドル・ユニット。男性でありながらアイドル・イベントに数多く出演しており、オリジナル曲を中心に歌詞やダンスなども自らプロデュースしている。

サクライケンタ(ekoms)やISAKICK(175R)など、豪華作曲陣が手掛けたクオリティの高い楽曲が音楽ファンに支持されており、この夏の新曲「青春は何度でもやり直せるなんて嘘だ」への期待も高まる。同曲は、メンバーの百恵が、初めて作曲と編曲を担当。同新曲も「東京歌謡曲ナイト」にて披露予定だ。

リーダー兼プロデュース担当のミキティー本物は、私立恵比寿中学やBiS、LADYBABY、ゆるめるモ!など、人気アイドルの振付を数多く担当し、この夏も「国民的アニメカバーコンテスト愛踊祭2016」の審査員を務めるなど、活躍の場を広げている。新メンバーも加わり、更なる飛躍が期待しよう!(たじり)

【プロフィール】

二丁ハロ(にちょはろ)

「ゲイだから」を理由に諦めたくない気持ちから、「ゲイでもアイドルになれる」をコンセプトに活動しているゲイアイドル。活動3年目までは研修期間として、二丁ハロの名前の由来でもある、ハロープロジェクトや様々なアイドルの曲のコピー・ダンス・ユニットして活動していたが、現在はオリジナル曲を中心とした、ダンス・ボーカル・ユニットとして活動している。男性でありながら、@JAMやアイドル甲子園などのアイドル・イベントや、夏の魔物、やついフェスなどのフェスにも出演。リーダーのミキティー本物は、私立恵比寿中学、BiS、LADYBABY、ゆるめるモ!など、アイドルのコレオグラファーとしても活動中。

二丁ハロ オフィシャルホームページ 
https://nichohalo.officialsite.co/
 

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP