ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

逆輸入サイケバンド・qujaku 日本ノイズ/アヴァンギャルド代表的存在のMerzbow&Solmaniaと共演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 UKを中心にヨーロッパでも注目を集めている、浜松発のダークサイケデリック4ピースバンド・qujaku(ex.the piqnic)。2016年6月15日にリリースされた国内デビューシングル『KEIREN』を引っ提げて行われるツアーの各公演出演者が決定した。

qujaku ツアーフライヤー

 qujakuは、2015年10月中旬、レーベル・So I Buried Records(UK)より、the piqnic名義のアルバム『ZyouK』でデビュー。ドイツ、ハンガリー、イギリスの3か国全10公演のヨーロッパツアーを行い、2016年5月には2つの海外フェス【FOCUS Wales】と【ROW POWER FESTIVAL】(https://youtu.be/38iGBqm1m6E)に出演したほか、それに伴う2度目のUKツアーも敢行した。

 国内デビューに伴って行われるツアー【qujaku“KEIREN”Release Tour】は、9月4日に行われる地元・浜松でのワンマン公演を皮切りに全6公演開催。9月11日の東京公演には、「動物の権利」(アニマルライツ)の観点からヴィーガン(完全菜食主義)を実践し、「捕鯨反対」「イルカ漁反対」「毛皮反対」などをテーマに作品を制作している、秋田昌美によるヴィーガン・ノイズ・プロジェクトのMerzbow、9月18日の大阪公演には、大野雅彦と菅原克己(元OUTO、CITY INDIAN)のデュオで、両名ともにカスタムメイドの特殊ギターで大型アンプをマルチ駆動するという形態で演奏を行っているSolmaniaと、日本のノイズ/アヴァンギャルドミュージックを代表するレジェンドが出演する。

Photo of Merzbow by Miki Matsushima

◎国内デビューシングル『KEIREN』
2016/06/15 RELEASE
[CD]FIFO-0032 / 1,080円(税込
<収録曲>
1. KEIREN
2. SHINONOME

◎【qujaku“KEIREN”Release Tour】
◇2016年9月04日(日)浜松・KIRCHHERR
OPEN 18:00 / START 18:30
出演:qujaku (one man)
料金:前売2,000円+1D / 当日2,500円+1D
問合: KIRCHHERR 053-458-1388
◇2016年9月10日(土)仙台・Shangri-La Sendai
OPEN 19:00 / START 20:00
出演:qujaku, Wikiki Champions, Annik Honore, DJ:TDSGK (AOBA NU NOISE)
料金:前売2,000円+1D / 当日2,500円+1D
問合: Shangri-La 080-6042-9085
◇2016年9月11日(日)東京・UFO CLUB
OPEN 18:30 / START 19:00
出演:qujaku, Merzbow
料金:前売2,000円+1D / 当日2,500円+1D
問合: UFO CLUB 03-5306-0240
◇2016年9月17日(土)福岡・UTERO
OPEN 18:00 / START 18:30
出演:qujaku, 百蚊, z/nz, BlackBugfilm
料金:前売2,000円+1D / 当日2,500円+1D
問合: UTERO 092-534-5222
◇2016年9月18日(日)大阪・HARDRAIN
OPEN 18:30 / START 19:00
出演:qujaku, Solmania, VMO
料金:前売2,000円+1D / 当日2,500円+1D
問合: HARDRAIN 06-6363-5557
◇2016年9月25日(日)名古屋・spazio rita
OPEN 18:00 / START 18:30
出演:qujaku, SEKAITEKINABAND and more
料金:前売2,000円+1D / 当日2,500円+1D
問合: spazio rita 052-265-7176

関連記事リンク(外部サイト)

ゴシック&ダーク逆輸入サイケバンド・qujaku 国内CDデビュー決定
UKからの逆輸入バンド・BO NINGEN 新ミニアルバムを完全生産限定紙ジャケでリリース
イベント【自家発電】RG階段(レイザーラモンRG×非常階段)による“ノイズ&「あるある」”映像公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP