体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アビカ、Androidと地デジダブルチューナー搭載のHDMIレコーダー「カラバコ(ABC-EN2)」を発表

アビカは 7 月 25 日、地デジチューナー搭載 HDMI レコーダー「カラバコ(ABC-EN2)」を発表しました。同日より 64,630 円 + 税で予約販売も開始されています。カラバコは、デジタルチューナー搭載によるテレビ番組録画と、HDMI 入力による映像バックアップに対応し、更に Android も搭載(Google Play ストア対応)していてディスプレイとつなげてアプリなどを動かすことができるマルチセットボックスです。テレビ番組はフルハイビジョン(1080p)での 2 番組同時予約録画が可能で、HDMI 入力端子も 2 個搭載しています。また NTFS フォーマットの外付け HDD にも対応していて、従来の HDMI レコーダーで設定されている 4GB 容量の制限がなく、何時間録画して一つのファイルとして保存することができます。画面キャプチャ機能も搭載していて、カラバコを通してディスプレイに映し出している映像をフル HD 画質でキャプチャすることも可能です。このほか有線 LAN 接続と、別売りの Wi-Fi アンテナを利用した Wi-Fi 接続にも対応しています。USB ポートも搭載していて、有線マウスやキーボードの接続も可能です。カラバコは 8 月 1 日より順次出荷が開始される予定となっています。Source : アビカ

■関連記事
Inbox by GmailのAndroid版で検索が容易に
OnePlus、OnePlus 3のOxygenOS 3.2.2の配信を発表、様々な機能を改善
Android用Opera Miniがv18にバージョンアップ、動画のダウンロードが可能に

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。