体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NikeLabより、ON THE MOVE: NIKELAB X KIM JONESコレクション登場

NikeLab_x_Kim_Jones_1_native_1600
イギリス人七種競技選手のカタリーナ・ジョンソン=トンプソンが着用した NikeLab Packable Windrunner Top x Kim Jonesは耐水性の布帛素材を使用し、縫い目を最低限に抑えたデザインで、 丸めて簡単にポーチに包み込むことができる。
イギリス人ファッションデザイナーのキム・ジョーンズは、地上にいるのとほぼ同じくらいの時間を空の上で過ごしている。最近ではギリシャの島々、日本の志摩やニューヨークも訪れ、近いうちにはインドネシアのコモド諸島に有名なドラゴンを見に行き、中国の辺境の地などにも向かっている。彼の業界での高い評価を確固たるものにした、意外性をもったストリートとスポーツウェアを融合させたスタイルのインスピレーションの源としても、旅は大きな役割を果たす。しかしジョーンズの旅行は、彼のデザインと同様、通常の域をかなり超え、時代、イメージや記憶の探求にもいたっている。ジョーンズの場合(地元であり、初めてナイキとつながりを持った場所でもある)イーストロンドンや、500足を超えるスニーカーなどのファッションのアーカイブにもつながっているのだ。
ジョーンズが以下で答えているように、このような様々な旅行から概念的なコラージュを描き、NikeLab x Kim Jonesのパッカブル スポーツ スタイル コレクションが生まれた。これはまた、これからのリオへの旅行の準備として、アスリートが楽に旅するために役立つものになるとの想定のもと、作られた。

KIMJONES_PORTRAIT_NO_LOGO_HI-RES_native_1600

■最も古いナイキの思い出は?
13歳か12歳の頃、あるナイキのシューズ が絶対に欲しくて、親にお願いしてなんとか 買ってもらいました。一目で気に入ってすぐ に欲しくなったのです。

■そのシューズは何か覚えていますか?
銀色のナイキ ヴァンダルでした。

■最初にスニーカーに関心を持ったのは、ストリートカルチャーという視点からですか、あるいはスポーツからですか?
私は子供のころとてもサイクリングに凝っており、たくさんシューズを持っていました。スポーツのためのシューズでしたが、とてもかっこいいものでした。またしばらくはストレート・エッジ(ハードコア・パンクのサブジャンル)な人だったので、その頃はジョーダンに凝っていました。誰もがジョーダン5を探していました。とてもあのシューズが好きで、他の人とは同じ色を履きたくないのであらゆる色を争うように求めていました。 典型的な10代の凝り性の少年です。いつも一緒に過ごしていた友達がいて、足のサイズがみんな同じだったので、とても便利でした。いつもシューズを交換していたのです。

■今でもアーカイブの中にそのシューズはありますか?
おそらくアーカイブには500足か600足あると思います。ロンドンの家と、 パリにもたくさんの棚の中に入っています。ジョーダンも、ハラチもたくさん持っています。初めて発売された時に、あまりに気に入ったのでまとめ買いしたのです。

■特にスニーカーで興味深いと思う点は?
今はスニーカーのテクノロジーに関心を持っています。これだけ素早く進化した技術が確立し、優れた製品デザインとなっている。スニーカーの技術面にとても関心を持っており、それがどのようにファッションを牽引し、ライフスタイルになるのかも興味深いです。

■他に今関心を持っていることは?
(ファッションよりも)常にカルチャーを参考にしています。そして旅行も重要です。南アフリカが好きで、特にあの場所で感じるエネルギーが好きです。東京、ニューヨークやLAもいいですし、違う場所に行くことも好きです。去年の夏には東南アジアに行きましたがとても面白かったです。
卒業コレクション発表以来、あなたの美的感覚はしばしばハイファッションにストリートスタイルの香りづけをしたものと言われます。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会