体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「最近ホットハッチが似合わなくなったかも……」とお嘆きのオッサン諸兄に贈る、シトロエン C2 VTSという選択

▲シトロエンのエントリーモデルだったC2。「そのホットバージョンであるC2 VTSこそ中高年にピッタリだ!」と力説する、こちらも中高年の筆者ですが、その理由とは?

▲シトロエンのエントリーモデルだったC2。「そのホットバージョンであるC2 VTSこそ中高年にピッタリだ!」と力説する、こちらも中高年の筆者ですが、その理由とは?

ホットハッチの内装に多用される「赤」がオッサンを遠ざける

若い頃にプジョー 205GTIやルノー 5ターボIIなどの洗礼を受けたせいか、40代後半となった今も、年齢相応の落ち着いたサルーンやプレミアムSUVではなく、どうしても「ホッチハッチ」を希求してしまう筆者である。そしてこれと似たような傾向の朋輩諸兄も世の中には多数いらっしゃるだろうと、常日頃から推測している。

しかしここで問題となるのが、「オッサンに似合うホットハッチは少ない」という事実だ。

前出のプジョー 205GTIあたりに乗れば、ノスタルジックな感じで中年のシブみを醸し出せるのかもしれないが、現実問題205GTIは今や中古車としては絶滅寸前であるため、そう簡単に探すことはできない。それじゃあ最近の輸入ハッチバックのなかからホットバージョンを選べばいいのかというと、それもまた少々厳しい。

なぜならば「赤いパーツ問題」がそこにはあるからだ。

ホットハッチというと、どういう理由か知らないが、自動車メーカーはほぼ必ず「赤いパーツ」をあちこちに使いたがる。黒いセミバケットシートに入る赤いステッチや、赤い模様。あるいはメーターナセルやダッシュパネルにワンポイントとして入れられる赤。なかにはシートベルトが真っ赤なモデルもあり、MOMO製ステアリングホイールのセンターを表す印にも、ラリーカーのような黄色ではなく赤を用いているホットハッチは多い。

率直に言ってアレがちょっと恥ずかしいのである。

▲最新世代に属する某ホットハッチの内装。これでもかというぐらいに「赤」が多用されている。もちろん、この感じが好きな人も多いのだろうが、筆者は正直ちょっと苦手で……

▲最新世代に属する某ホットハッチの内装。これでもかというぐらいに「赤」が多用されている。もちろん、この感じが好きな人も多いのだろうが、筆者は正直ちょっと苦手で……

中高年にも似合う稀有なホットハッチ、シトロエン C2 VTS

もちろんこのあたりの感覚というのは人それぞれだろうが、極力客観的に考えて、20歳ぐらいの大学自動車部員ならばさておき、あと数年で50歳になろうかというオッサンが真っ赤なシートベルトをするのは気恥ずかしいというか、そもそも全然似合ってない感が満載だ。人により考え方は様々だろうが、少なくとも筆者はそう考える。どうせ赤いシートベルトを巻くならいっそ還暦60歳になってから、赤いちゃんちゃんこの上に巻きたいものだ。

ということで本当は輸入ホットハッチが買いたいのに、似合うそれがないからという理由で地味なルノー カングーや往年のマツダ ロードスターなどに乗っている筆者であるが、過日、我々オッサンにもなんとなく似合うホットハッチがあることに気づいた。

シトロエン C2 VTSである。

ご承知のとおりシトロエン C2は、04年4月から12年12月まで販売されたBセグメントに属する小型ハッチバック。主に流通しているのは1.4L SOHCまたは1.6L DOHC+セミATの「VTR」だが、筆者が注目したいのは希少な「VTS」だ。可変バルブタイミング機構付き1.6L DOHC+5MTを採用し、当時のJWRC(世界ジュニアラリー選手権)ベース車両にもなったホットバージョンである。

これが非常に素晴らしい車であるだけでなく、「オッサンにも似合うホットハッチ」なのだ。

▲Bセグメント(フォルクスワーゲン ポロぐらいのカテゴリー)に属するコンパクトハッチバック、シトロエンC2。そのホッテストバージョンが「VTS」だ
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。