ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金魚が日本橋をジャック!これぞ平成の江戸の夏「ECO EDO 日本橋 2016」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏の風物詩といえば、金魚。悠々と水中を泳ぐさまは、じめじめした暑い夏に清涼感を運んできてくれますよね。背びれの揺らめきは浴衣を纏った美女のようで、優美さを感じさせます。「夏の癒し」である金魚たちが、この度、日本橋を完全ジャックしちゃいます。

出典:東京 日本橋の観光・グルメ・文化・街めぐり情報サイト「まち日本橋」

江戸時代に日本橋で育まれた「涼」をとる生活の知恵や工夫を現代流にアレンジしたイベントを街中で開催する『ECO EDO 日本橋 2016 ~五感で楽しむ、江戸の涼~』が、2016年7月8日(金)から9月25日(日)まで開催されます。

本イベントの目玉は、日本橋三井ホールで開催されるアートアクアリウム。江戸時代から日本橋で夏の風物詩として日本人に親しまれてきた「金魚」にスポットをあて、過去最大規模となる約8,000匹の金魚を展示予定です。江戸の花街をコンセプトにした会場は、緋色が映えてどこか妖艶です。

出典:東京 日本橋の観光・グルメ・文化・街めぐり情報サイト「まち日本橋」

本アートアクアリウムのプロデューサー、木村英智氏は『ECO EDO 日本橋 2016 ~五感で楽しむ、江戸の涼~』の総合プロデューサーも務めています。アートアクアリウムを中心に「日本情緒溢れる納涼気分を五感で体感する」というテーマの下、多種多様な金魚イベントが開催されますよ。

まずは福徳神社へと続く参道「仲通り」や「コレド日本橋」には、木村氏がデザインした高さ約1.8mの「金魚大提灯」が堂々登場。これに加えて、仲通りには約100個の金魚提灯も設置されます。見ているだけで、はんなりとした気持ちになれますね。8月28日(日)までの土日には期間限定で「金魚屋台」が日本橋のあちこちに出現するので、これも見逃せません。

出典:TOKYO DAY OUT

さらに、川辺では山口県柳井市の特産品「金魚ちょうちん」を飾った納涼船で夜景クルーズを満喫できます。船内ではかき氷が食べ放題なので、目でも舌でも夏を楽しめますね。陸上でも、イベント開催期間中は日本橋地域の各エリアを「金魚トロリーバス」が無料で運行します。陸でも水辺でも、金魚色に染まった日本橋を堪能しちゃいましょう。

出典:イベントチェッカー

このほか、日本橋に拠点を構える、スイーツの老舗から人気店まで合計58店舗が、金魚にちなんだオリジナルスイーツを期間限定・数量限定で販売するなど、内容盛りだくさん。

出典:スイーツ好きの男性のための情報サイト「甘党男子」

五感で日本の夏を味わえるイベント『ECO EDO 日本橋 2016 ~五感で楽しむ、江戸の涼~』。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。あなたの夏を、華やかに彩ること間違いなしです。

イベント詳細は、「東京 日本橋の観光・グルメ・文化・街めぐり情報サイト まち日本橋」をご覧ください。
アートアクアリウム

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

伊勢丹でオシャレ盆踊り〜っ!新宿伊勢丹の屋上で今年は3日間「ISETAN BONDANCE 2016」開催
通帳ケースなど!江戸時代の人気絵師、歌川国芳と歌川国貞の作品がテーマの「浮世絵シリーズ」発売
正統派の美しい浴衣勢揃い!タカシマヤの2016年新作浴衣コレクション

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP