ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

”ジェンダーレス男子”には惹かれないアナタに……この夏注目の大作でオトコを磨け!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

TZ_ターザン
”ジェンダーレス男子”という、パッ見、女子と間違えそうな中世的な男子たちが人気を集めている近年。そんな、カワイイ男子には惹かれない! という強い男が好きな女子の皆さん、強い男子に憧れる男子の皆さんに朗報です。

今夏は「これぞ男!!」と言わんばかりの戦う男たちが大活躍する映画が次々と公開予定。先日、全米で一足先に封切りとなった『ターザン:REBORN』は、7月1日からのオープニング3日間で興行収入3,8000万ドル突破。スピルバーグの新作を大きく引き離し、ターザン映画の歴史を塗り替える全米初登場No.1の大ヒットスタートを切るなど、注目を集めています。

夏の暑さに負けてナヨナヨしていきている人は必見! 観るだけで“男子力”が上がる注目作をご紹介。

インデペンデンス・デイ:リサージェンス
男たるもの、絶対的窮地に陥っても決して諦めない! 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(公開中)

『インデペンデンス・デイ』の続編である本作は、人類滅亡を企てる侵略者と人類の戦いを描いたSF映画。巨大化した侵略者により、人類滅亡まで3日間というカウントダウンが刻まれるなか、侵略者の恐るべき目的が次第に明らかになっていく模様を描く。そんな本作の主人公・ジェイク・モリソン(リアム・ヘムズワース)は、エイリアン侵攻のせいで孤児として育った戦闘機パイロット。人類滅亡の危機に置かれてもなお、諦めることなく運命に立ち向かっていく姿は男の中の男そのもの!

(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.

X-MEN:アポカリプス
最強すぎる敵を倒すためX-MENが集結!!団結し戦いを挑む姿に痺れる!『X-MEN:アポカリプス』(8月11日公開)

人気アクション大作「X-MEN」の前日譚を描いた「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「X-MEN:フューチャー&パスト」のシリーズ続編である本作。人類の文明誕生以前からミュータントの力を使い、神として世界を支配していたアポカリプスが、数千年の眠りから目を覚まし、世界の破滅を計画を企てようとするアポカリプスと、それを阻止しようとするプロフェッサーXやミスティークらが率いる若きX-MENたちの戦いを描く。”最古最強の神”・アポカリプスに、それぞれのパワーを駆使しながら団結し、敵に立ち向かうX-MENの姿には、男子ならば痺れること間違いなし!?

(C)2016 MARVEL & Subs. (C)2016 Twentieth Century Fox

『ターザン:REBORN』場面写真
女子のみならず”男も惚れる”男!? 全てにおいて完璧すぎる新ターザン!『ターザン:REBORN』(7月30日公開)

『ターザン:REBORN』も、日本男児に是非観ていただきたい作品の一つ。先日、ターザンを演じた主演、アレクサンダー・スカルスガルドが来日。そのイケメンっぷりと気さくな人柄でじわじわと日本でも人気急上昇し、新たに生まれ変わる<ターザン>への期待が高まっている。本作は、全てを手に入れた英国貴族・ターザンが、再びジャングルに戻るという真逆のストーリー。英国貴族姿のスマートなカッコ良さ、そして捕らわれの身となってしまった妻、そして故郷ジャングルを救うため、すべてのものを捨ててジャングルに戻るターザンのワイルドなカッコ良さを兼ね備えるターザンのギャップから、女子たちをイチコロにする思わぬモテ術が学べるかも!?さらに『ターザン』史上、最も最高と言っても過言ではない<新ターザン>が繰り出すスタイリッシュ・アクションの数々は、アクション好きのみならず、観る者すべての心を鷲掴みにすること間違いなし

(C)2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。