体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

木村カエラ、ニューアルバムのリリースが決定

木村カエラが、ニューアルバム『PUNKY』を10月19日にリリースすることがわかった。
木村カエラ (okmusic UP's)
2014年12月17日に発売されたアルバム『MIETA』以来、1年10ヶ月ぶりのアルバムで、TBS系木曜ドラマ劇場『37.5℃の涙』挿入歌の「EGG」、クラシエ「ナイーブ」CMソングの「恋煩いの豚」、Microsoft「Surface Book」タイアップソングの「BOX」、2016年10月公開の映画『バースデーカード』主題歌「向日葵」など、多くのタイアップ楽曲を収録。タイトルの『PUNKY』とは、文字どおり“パンク”的であるということのほか、火口のような/火照ったという意味もあり、このアルバムでは“自ら光を発するもの”を表わすダブルミーニングとなっている。

またパンキーという語感が持つ意味合いとして、本格的なパンクではなく、可愛らしさを含んでおり、それが新ビジュアルで表現されている。顔にスタッズと呼ばれる鋲を付けた、なんともパンキーな写真。これはアルバムタイトル『PUNKY』からイメージしたもので、スタッズ(鋲)が顔に付けられている一方で、着ているシャツはピンク色の花柄という、全体の印象は本格的なパンクというよりは、可愛い木村カエラらしい写真となった。なお、アルバムのジャケット写真は後日公開予定。

そして、アルバム『PUNKY』収録曲から、「恋煩いの豚」「BOX」の先行配信販売がスタートした。合わせて、2015年12月25日に東京・昭和女子大学人見記念講堂で開催された、キャリア初となるクリスマスライヴの音源全19曲の配信もスタート! こちらはウィンターソングを中心に、ストリングス7名を含む大編成のスペシャルなアレンジで披露した、貴重な音源となっている。さらに、今回の録音ではバイノーラルマイクを使った臨場感あふれる音像を実現していて、ライヴに来た人も来られなかった人もその感動を追体験できるサウンドに。ハイレゾ音源も同時配信中!

アルバム『PUNKY』のフラゲ日(入荷日)10月18日(火)を皮切りに、全国ツアー「KAELA presents PUNKY TOUR 2016-2017」の開催も決定! 10月18日からは全国ライヴハウスツアー「STUDS TOUR supported by クラシエ naive」が、年をまたいで1月28日(土)からは全国ホールツアー「DIAMOND TOUR」がスタートする。その他、アルバム『PUNKY』の早期予約キャンペーンも7月31日(日)23:59まで実施中。詳しくはオフィシャルHPへ!

アルバム『PUNKY』
2016年10月19日発売

【初回盤】(CD+DVD)

VIZL-955/¥3,700+税

※豪華スリーブケース仕様

【通常盤】(CDのみ)

VICL-64563/¥3,000+税

<収録曲>

■CD

01.EGG

02.恋煩いの豚

03.BOX

04.向日葵 他

※曲順未定

■DVD ※初回盤のみ

01.EGG(MV)

02.BOX(MV) 他 特典映像

配信楽曲『KAELA present『CHRISTMAS~Say ho-ho-ho!!~』LIVE』
配信中

¥2,160(税込)※ハイレゾは¥3,240(税込)

<収録曲>

01.A winter fairy is melting a snowman

02.Snowdome

03.Whatever are you looking for?

04.HERO

05.Phone

06.WONDER Volt

07.8EIGHT8

08.Yellow

09.マスタッシュ

10.リルラ リルハ

11.TODAY IS A NEW DAY

12.EGG

13.Circle

14.Jasper

15.TREE CLIMBERS

16.sonic manic

17.BEAT

18.Magic Music

19.happiness!!!

<配信情報>

・レコチョク

http://recochoku.jp/album/A1004510284/

・iTunes Store

https://itunes.apple.com/jp/artist/id102408147?app=itunes&ls=1

・mora

http://mora.jp/package/43000005/VEAWA-33603/

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。