ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ひとくち餃子の街に新風! 天国に誘う肉汁たっぷり餃子

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは。博多ひとくち餃子大好き、メシ通レポーターのGです。餃子好きに限らず、なんともそそられる名前のお店、見つけました。その名も「肉汁天国」

「肉汁」と聞いただけでもヨダレが出てくるのに、「天国」ですよ、「天国」! も~、気になって、気になって仕方がない!

▲パリッとした白地ののれん。天使が「天国」に誘ってくる?

閑話休題。

ここ、「肉汁天国」のある対馬小路(ツマショージ)は、天神や博多駅など福岡の繁華街からはややはずれた飲食店の少ないエリアなんですが、その分、のれんの「肉汁天国」がよく目立ってます。博多ひとくち餃子の店は餃子専門でやってるところが多いんですが、こちらは「餃子大衆酒場」。餃子以外にも手頃な値段で酒の肴が揃っていて、近くの専門学校の学生などがよく利用しているらしい。

▲カウンターには大皿料理も並ぶ

博多のひとくち餃子は、だいたい一人で2〜3人前はいけるもの。ひとまず2人前を焼いてもらうことに。聞けば、餃子には福岡で人気のブランド豚「糸島豚」を使っているのだとか。さて、「糸島豚」の肉汁はどんなものか。ジュウジュウと聞こえてくる焼き音に期待が膨らみます。

▲餃子を焼くのは蒸し焼きの水の量まで調整してくれる最新オートマチックの餃子焼マシーン

▲店長の小林さん

「お待ちどうさま。餃子2人前です!」

キタ〜! 店長の小林さんが出してくれた、餃子2人前。餃子そのものは小ぶりでオーソドックスな形。薄手の皮は片面がこんがりキツネ色に焼かれています。焼き面の反対側は蒸されて半透明で、肉汁がグツグツしているのが透けて見えていて、これはますます期待大!

▲餃子は1人前7個412円。写真は2人前

まずは試しに半分だけかじってみると、ボタボタボタ……。いかん、肉汁がこぼれてしまった。ああ、もったいない! 続いて二ついっぺんに頬張って噛み締めると、じゅわ〜。口の中にほとばしる肉汁。ほんのり感じる甘味は「糸島豚」ならではの脂の旨味なのか……。ああ、幸せ。「天国」の名に偽りなしです!

▲ちまちまかじると肉汁がこぼれてしまう

それにしても尋常じゃないたっぷり肉汁の訳は、餡のミンチにもも肉に加えてバラや背脂など脂の多い部位をミックスし、さらにコラーゲンも加えているからなのだとか。それでもベトつかずさっぱりしているのは、上質な「糸島豚」の特徴なのだろう。軽い食べ応えなので、これなら一人で4人前は楽にいけそうです。

▲特製ニンニクラー油味噌

卓上に置かれた特製ニンニクラー油味噌を使うとコクと風味が増します。最初は餃子のタレだけでさっぱり頂いて、途中から味に変化をつけるのがオススメ。

▲香ばしく、かつ肉汁たっぷりの餃子に焼酎(1杯 412円)がすすむ、すすむ

「肉汁天国」では、安めの料金設定にもかかわらず、餃子以外の料理も国産素材にこだわっている。例えば、甘辛く煮た山形牛と地元・博多の豆楽庵の豆腐を合わせた「肉豆腐」は637円。お酒との相性も抜群だ。

▲肉豆腐 637円

料理は高いものでも637円。アルコール類は生ビールから焼酎、日本酒、ハイボールまですべて1杯412円と分かりやすいのです。「肉汁天国」は、肉汁以外も懐に優しい「天国」な一軒でした。

お店情報

肉汁天国

住所:福岡県福岡市博多区対馬小路1−1

電話番号:092-261-2629

営業時間:17:30~翌3:00(LO 翌2:00)

定休日:無休

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:兵土 G. 剛

福岡のタウン情報誌の編集部に15年勤めた後、フリーライターに。食うの好き、飲むの好き、きれいな女の人好き。マメさなし、根性なしの偏屈じじぃ。 Twitter:G(じぃ)@taul_nakataney

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

福岡の老舗「ブラジレイロ」で洋食と自家焙煎珈琲を味わう
福岡のご当地麺「ラーソーメン」。老舗居酒屋「ふとっぱら」の真髄
このボリューム! さらにスーパージャンボとんかつなる裏メニューも発見!【とんかつ大将】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP