体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ひとくち餃子の街に新風! 天国に誘う肉汁たっぷり餃子

f:id:mesitsu_lb:20160422111928j:plain

こんにちは。博多ひとくち餃子大好き、メシ通レポーターのGです。餃子好きに限らず、なんともそそられる名前のお店、見つけました。その名も「肉汁天国」

「肉汁」と聞いただけでもヨダレが出てくるのに、「天国」ですよ、「天国」! も~、気になって、気になって仕方がない!

f:id:mesitsu_lb:20160422111838j:plain

▲パリッとした白地ののれん。天使が「天国」に誘ってくる?

閑話休題。

ここ、「肉汁天国」のある対馬小路(ツマショージ)は、天神や博多駅など福岡の繁華街からはややはずれた飲食店の少ないエリアなんですが、その分、のれんの「肉汁天国」がよく目立ってます。博多ひとくち餃子の店は餃子専門でやってるところが多いんですが、こちらは「餃子大衆酒場」。餃子以外にも手頃な値段で酒の肴が揃っていて、近くの専門学校の学生などがよく利用しているらしい。

f:id:mesitsu_lb:20160422111854j:plain

▲カウンターには大皿料理も並ぶ

博多のひとくち餃子は、だいたい一人で2〜3人前はいけるもの。ひとまず2人前を焼いてもらうことに。聞けば、餃子には福岡で人気のブランド豚「糸島豚」を使っているのだとか。さて、「糸島豚」の肉汁はどんなものか。ジュウジュウと聞こえてくる焼き音に期待が膨らみます。

f:id:mesitsu_lb:20160422111903j:plain

▲餃子を焼くのは蒸し焼きの水の量まで調整してくれる最新オートマチックの餃子焼マシーン

f:id:mesitsu_lb:20160422111917j:plain

▲店長の小林さん

「お待ちどうさま。餃子2人前です!」

キタ〜! 店長の小林さんが出してくれた、餃子2人前。餃子そのものは小ぶりでオーソドックスな形。薄手の皮は片面がこんがりキツネ色に焼かれています。焼き面の反対側は蒸されて半透明で、肉汁がグツグツしているのが透けて見えていて、これはますます期待大!

f:id:mesitsu_lb:20160422111928j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。