体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】狂信的な信者に支えられる立ち食い蕎麦屋に行ってみた @『六文そば』

rokumon009_R

もはや秋葉原と言えばガジェット通信みたいな勢いの“秋葉原制覇”ですが、とりあえず筆者(YELLOW)的には庶民的な店を紹介したい次第で御座います。

というわけで、今回は(今回も)昔から庶民に愛され続けている『六文そば』を紹介してみましょう。

『六文そば』とはなんぞや?

rokumon015_R

いわゆる立ち食い蕎麦のチェーン店的な何かでして、秋葉原周辺には“昌平橋店”“須田町店”があります。

rokumon014_R

そして!

どちらも結構前から営業してるっていうか、営業しまくってる感がヤヴァイですね。

今は立ち食い蕎麦のチェーン店はどこも小綺麗な新店だったりするのですが、この『六文そば』に改装という文字はありません。リニューアルという文字も御座いません。

むしろ、この歴史ある店の風情を大事にしつつ、改装せずに平成も乗り越える勢いで絶賛営業中なのです。

rokumon017_R

クイックに釣り銭を渡す為のコインホルダー的な物も現存していたりして……。

基本、メニュー的には“蕎麦”か“うどん”でして、それらに好みの天麩羅的な何かをONするスタイルで御座います。

rokumon008_R

「揚げ立お好み天ぷら そば、うどん20種」

の“揚げ立て”は何を持ってして揚げ立てなのか小一時間ですが、そんな細かい事を突っ込むのは野暮ではないでしょうか?

rokumon005_R

なお、外観からはとても流行っている店には見えませんが飯の時間帯は満席でして、ちょっと時間を外した14時頃でも“忙しくて昼飯を食べ損ねた勢”で満席になる謎人気店なのです。

リーズナブルかつスピーディー、昔から続くファーストフードの蕎麦として『六文そば』は今も働く人を支え続けています。

『げそ天そば』を食す!

rokumon010_R

基本、初見はベーシックスタンダードから入る筆者ですので、今回も“かけそば”辺りを食べそうな予感ですが、それでは『六文そば』が分かってらっしゃらないド素人であります。

『六文そば』の基本は『げそ天そば』(400円)でして、この『げそ天そば』を食べずに語る事は許されません。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。