体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

通話5時間分をチャージできるスマホ用使い捨て電池「ResQBattery」

ResQBatteryスマホの電池切れに使えるモバイルバッテリー。これまで多くの商品を取り上げてきたが、今回紹介するのは使い捨てタイプのバッテリー「ResQBattery」。

親指サイズながら通話5時間分の充電ができるというもの。「使わないかもしれないけれど、一応備えておきたい」というシーンで活躍しそうだ。

・コネクターにさすだけ!

ResQBatteryは乾電池のように電気を蓄えた状態で販売され、使用は1回のみの使い捨て。

ResQBattery2ケーブル類は伴わず、使う際はマイクロUSBコネクターに挿すだけだ。オンオフのスイッチがあり、端末が充電されたかどうかはLEDで確認できる。

容量は1300mAh。通話やテキストメッセージなど5時間分のバッテリーを賄える。

・停電などへの備えにも

使い捨てのメリットとしては、使用前に充電する必要がないことや、使用後は捨てられるので荷物を減らせることなど。

ResQBattery3また、繰り返し充電して使うモバイルバッテリーより安価なので、一時しのぎにうってつけ。停電などへの備えとしてもよさそうだ。

ResQBatteryは現在、マイクロUSBコネクターのタイプのみ。米Amazonやebayなどで販売されていて、価格は2つセットが11.99ドル(約1200円)となっている。

コンビニなどで売られれば、意外に需要があるかもしれない。

ResQBattery

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。