ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

360度回転するコンセントソケットが登場!ドッキングさせて拡張も自由自在

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ケーブルやプラグがゴチャゴチャになりがちなコンセント周りにお悩みの人も多いはず。

・360度回転するソケット お互いをドッキングできる

「CubeSocket360」はとてもシンプルなコンセプトながら、そんなお悩みを解決してくれそうなツール。

ブロックのように1つずつバラバラになっているコンセントソケットで、お互いをドッキングさせることができる。つなげて増やしたり、使用後は減らしたり、増減は思いのまま。

・コンセントの穴をフル活用!

ところで、こんな経験はないだろうか。コンセントの穴は余っているのに、挿入したいデバイスのアダプタの形が邪魔になって、隣を1つ2つ空けて挿すしかない……なんていうケースだ。コンセントの穴をフルに活用できないストレスが生まれる。

この「CubeSocket360」のソケットは360度回転させられるようになっているので、挿したいアダプタの形状に合わせて、隣接するソケットの向きを微妙にずらせば、スペースを無駄にすることなく、効率的に全部のソケットを活用することができる。

・カラフルで見た目もかわいい

ソケットは赤や青、黄色などのカラフルな色になっているので、気分やインテリアに合わせてチェンジしたり、色ごとにつなぐデバイスを決めておくなどしてもよさそうだ。

使いやすく、コンセント周りをスッキリさせてくれる「CubeSocket360」だが、対応するソケットはアメリカ、ヨーロッパ、中国の型のみ。日本のコンセントに対応する形状のものもローンチして欲しいものだ。

現在、「CubeSocket360」はクラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を受付中。価格は25ドル(約2500円)から。

CubeSocket360

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP