ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

亀田誠治のうらやましすぎる“ライブ土産話”!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜の11時30分からの番組「BEAT PLANET」のワンコーナー「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」(ナビゲーター:亀田誠治)。6月10日からベルギー、ロンドンに渡り大物アーティストのライブをチェックしてきた亀田誠治。7月5日(火)のオンエアでは、その大物アーティストの“ライブ土産話”をお届けしました。

まず、亀田がベルギーで見てきたのはAdele(アデル)! 6月12日と13日の2日間、チケットを取って見に行ったそうで、「2回も見ちゃったもんね!」とおどけながら「土産話と言うより自慢話になってきましたね」と亀田(笑)。

Adeleが登場するとオーディエンスは「待ってました!」の大喝采だそうですが、亀田曰く日本と海外のコンサートの違いは「みんな大合唱するの」とのこと。「音量が違うんだよね。合唱が会場全体に響き渡って、体が浮いちゃう感じ。鳥肌もんですよ」と海外のコンサートに感動していました。

亀田がグラミー賞で生のAdeleを見た時に、とてもナーバスな印象を受けたそうですが「この人の魅力はここじゃないだろう」と思っていたそう。「本当にベルギーに生のAdeleを見に行って良かった。本当に“歌えば神!”。でもひとたびしゃべると、その親しみやすい人間力にどんどん惹かれていくんです。そんなステキなアーティストでした」。

続いて、ロンドンで亀田がチェックしたのは、Coldplay(コールドプレイ)! Coldplayの登場の前にオープニングアクトが2組いたそうですが、それが人気バンド“reef”と ギターを弾きながら歌うすばらしい歌声の“Lianne la Havas”。

「この2組のオープニングアクトが見られただけでも幸せです!」と亀田。感動した理由はもうひとつあり、Coldplayほどの大物アーティストがオープニングアクトを呼ぶのは実は大変なのだとか。

「計算され尽くした自分たちのステージセットがあるし、物理的にすごく大変なことのはずなの。でも、それをいとわず世代を超えて音楽を伝えていくことに意味がある…そんな音楽を大切にする姿勢がとても勉強になりました」

肝心のColdplayのライブはというと「愛しかない!」というライブだったそうで「最初から最後まで全曲、オーディエンスが大合唱です!」。ちなみに今でこそ日本人アーティストのコンサートでも頻繁に見られるようになった光るリストバンド、なんとColdplayが着け始めたのだそうです! これを着けて手元が光ると気分も上がるので、オーディエンスの気持ちが上がることを指摘し「みんなを幸せにしているんです。光るリストバンドの発明は演出のノーベル賞もんじゃないですか?」と、ライブの感想と共に意外な豆知識も教えてくれました♪

【関連サイト】
「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/blog/fmkameda/

藍井エイル NHKホール揺らしたライブの裏側(2016年07月03日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/07/-nhk.html

湯川れい子「ビートルズがここまで歴史に残るとは思っていなかった」(2016年07月01日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/07/post-1849.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP