ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タダメシに釣られて『第2回寿司×クラフトビールフェス』の試飲会に参加してきた!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


代官山駅から徒歩4分。
東京都心部にしては珍しく工場を併設し、その場で作られた数々のクラフトビールを楽しめるダイニング『SPRING VALLEY BREWERY TOKYO(スプリングバレーブルワリー 東京)』。

こちらで7月9日・10日に激ウマ創作寿司とクラフトビールのペアリングを楽しめる贅沢イベント『第2回 寿司×クラフトビールフェス』が開催されるとのこと!
イベント名だけで判断しても、お寿司好き&ビール好きにはたまらないイベントになること間違いなしですよね!

無料で飲み食いできる試食&試飲会に参加してきた!


そんな『寿司×クラフトビールフェス』ですが、先日関係者向けに試食&試飲会が開催されまして、なんとありがたいことに僕もご招待いただきました。
無料でお寿司とクラフトビールが飲み食いできるなんて、そんなの参加するに決まってるじゃないですか!

そしてガジェット通信からは他にもライターさんが参加していたので、今回のレポートは他の方にまかせて飲み食いだけ楽しむぞ!と図々しいことを企んでいたのですが、実際に飲み食いしてみたらあまりにもクオリティが高くてびっくり!

これはさすがに何も書かないのは申し訳なくなってしまいましたので、急きょ僕もレポートを書かせていただくことにしました!

全国からクラフトビールブルワリーと寿司店が集結!


こちらのイベントでは全国から7社のクラフトブルワリーと3店の寿司店が参加し、独創性に富んだ12種類の創作寿司と16種類のクラフトビールが販売されるとのこと。
試食&試飲会でも本番と同じ数のお寿司とクラフトビールが用意されました! 最高ですね!

特にお寿司のラインナップは創作寿司ということもあって見た目からして華やか!
スペシャルな感じがプンプンと漂っていて、どれもこれもウマそうです!


富山白海老と赤西貝を使用した『日本海の宝石食べ比べ』


甘い具をもなかでサンドした『もなかサンド寿司』


“揚げライス”を使用した斬新な寿司『クリスピーライス マグロ乗せ』


もちろん本格派もあるでね!『佐渡銀鮭レモン〆トリュフ乗せ』

こんな感じの創作寿司が当日は1皿300円(1~2貫)で振る舞われるわけです。
そして大変恐縮なのですが、試食&試飲会ではこれらはもちろん全部タダ! 最強すぎる!
いやぁ、こんな神イベントにご招待いただけるなんて、ライターの仕事に憧れる若者が増えてもおかしくないレベルですね。

いよいよ試食&試飲スタート! すべてがあまりにもウマすぎる!!


試食&試飲会に先立ち、関係者のあいさつやイベントの説明などが行われましたが、もちろん頭のなかはお寿司とビールのことでいっぱい。
ちゃんと聞いてるフリをすることと、拍手のタイミングを合わせることだけ注意しながらやり過ごし、試食&試飲会スタートの号令と共にロケットスタートで寿司とビールの確保に全力を注ぎます!


そして見事にお寿司全12種類をコンプリート! やりましたー!!


クラフトビールは種類が多すぎて迷ってしまったので、とりあえず今回の寿司フェス限定で用意されたという『鮨祭』(左)『ほうじ茶エール』(右)の2種類を調達しました。
どちらも今回の会場となっているスプリングバレーブルワリーのオリジナル商品ですね。

ひと通り確保できたところで、いよいよビールを片手にモリモリとお寿司を食べ始めます。

うおおおおおっ、どれもこれもウマいっ!!

もしすべてのお寿司に採点をしていたなら、最初に食べたお寿司に10点満点をつけてしまったがゆえに、すべてのお寿司が10点満点というような事態に陥ってもおかしくありません。
そのくらいまんべんなくハイレベルなのです!


もちろん言うまでもなくクラフトビールも激ウマ!!

そもそも寿司とビールって合うの?と疑問に思う方も多いことでしょう。
ところが今回のイベントで用意されているクラフトビールは寿司に合うものが厳選されているわけです。
間違いなく「寿司とビールってこんなに相性がいいんだ!」と気付かされることでしょう。

どのクラフトビールも一般的なビールとは全然違う味わいなのですが、それぞれとても丁寧に作りこまれている感じが伝わってきます。
まさに、「これぞクラフトビール!」という感じですね。

ちなみにクラフトビールはすべて大サイズ600円、小サイズ300円で販売されるようです。

おすすめのペアリングを試してみた

今回楽しめるクラフトビールと寿司の組み合わせはなんと全192通り!
192通りの組み合わせの中から自分好みの“ペアリング”を見つけることが、今回のイベントの醍醐味ということになっています。

せっかくなので個人的にオススメなペアリングの紹介でもできれば良かったのですが、残念ながら「どれもこれも美味しい! 最高すぎる!」みたいな状態になってしまったため、僕の感覚はまったくあてになりません。

そこでスタッフさんにこっそり話を聞いて、オススメのペアリングを教えてもらうことにしました!


そしてこっそりと教えていただいたのが、『ほうじ茶エール』と『クリスピーライス マグロ乗せ』のペアリング
準備段階での評判がかなり良かったそうです。


オススメされるがままに試してみましたが……なるほど! クリスピー状の寿司の脂分と『ほうじ茶エール』が見事になじむ気がします。
これは食べてみて納得ですね!

『ほうじ茶エール』は本当に素晴らしい完成度で、ほうじ茶とビールってこんなに相性が良かったんだと驚くこと間違いありません。
基本的にどのお寿司とも相性が良いと感じたので、イベントに参加される方はぜひ試していただきたい一杯ですね!

結局全部ウマいぞ! 週末は代官山へGO!

試食&試飲会では会場のいたるところで名刺交換などが行われていましたが、僕は時間ギリギリまで見て見ぬふりを決め込み、ただひたすらに寿司とクラフトビールを飲み食いし続けました。

その結果思ったのは「とにかく食べたいものや飲みたいものを選べばいい」ということですね。
今回、お寿司はしっかり全種類いただくことができましたが、とても192種類の組み合わせすべてを試せるわけがありません。
飲み食いできる量には限界がありますからね!

配布された資料を見ると「白ネタの寿司には色の薄いビールが合うよ!」というようにペアリングのコツが書かれているのですが、たとえ組み合わせを間違えたとしても十二分に美味しいわけです。
あまり深く考えすぎず、結局は自分の「食べたい・飲みたい」という欲求に従いながらペアリングを楽しむのがベストでしょう。

という具合に、お寿司とクラフトビールの魅力を存分に楽しませていただきました。
こんな素晴らしいイベントに無料で参加できるなんて、本当にライター冥利に尽きますね!
ありがとうございました!

そして、さんざん無料で飲み食いしておいて説得力がありませんが、通常通りお金を払っても最高に満足できるレベルだと断言しておきます!

イベントは7月9日(土)・10日(日)の2日間開催となりますので、週末はぜひ代官山のスプリングバレーブルワリーへ足をお運びください!

『第2回 寿司×クラフトビールフェス』
7月9日(土)11:00~22:00
7月10日(日)11:00~20:00

当日チケット:2,000円
前売チケット:1,700円
(入場料・300円チケット5枚・オリジナル手拭いのセット)

会場
SPRING VALLEY BREWERY TOKYO(スプリングバレーブルワリー 東京)
http://www.springvalleybrewery.jp/
東京都渋谷区代官山町13-1 ログロード代官山内

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP