ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【匠の一品】神田で美味しいオムライスを欲した時はガード下で安定! @『美味卵家』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

さりげなく“食レポ”で世間に認知されつつあるガジェット通信ですが、あえて言おう!

「ガジェットとは?」

まったくもってガジェット関係(小物的な何か)のネタをやらないガジェット通信ですが、ちょっとはガジェット通信本来の業務も推し進めてみたい筆者(YELLOW)で御座います。

まあ、こんな流れになってしまった責任の一部はあるかもですが、とりあえず需要がある限りは続くのでそれとなくSNS等で拡散して頂けると、より多くの店を紹介するチャンスが生まれるので、よろしくお願いします。

今、オムライスがブームである!(俺ん中で)

こちらの写真は『たいめいけん』のオムライスです。言わずと知れたオムライスの有名店、もとい洋食の有名店であります。

この写真を整理しているうちに徐々にオムライス欲が芽生え始め、なんとなくオムライスな気分になりました。

そして!

最近はちょっとカレーとラーメンは飽きたので、原点に戻る意味も含めてオムライスを食べ歩いてみた結果、ひとつの答えが出たので発表します。

「オムライスって夢があるよね?」

どう考えてもカロリー万歳なカツカレーや、コッテコテのラーメンばかり記事化している筆者ですが、もともとは洋食関係の方が好きだったりします。

むしろ、ラーメンとかさして欲していないので、記事的には遠慮していたくらいで御座います(爆)。

しかし!

洋食店で美味しい店となると多くはないし、むしろ年々減っている感は否めず、やはりラーメンの勢いに便乗せざるを得ない的な個人事情もあるのです。

というわけで、カツカレーやラーメンに疲れた筆者が、それとなくオムライスに癒やしを求めるのは当然であり必然なのです。

結果、ちょっとオムライスが自分の中でブーム来たので、さりげなくオムライスブームを再び仕掛けようと思った次第です。

神田のガード下で食べるオムライス

洋食と言えば懐かしい響きでして、大正ロマンならぬ昭和ロマンを感じるメニューかと存じます。

そんな中でもハンバーグについで人気なのが、このオムライスではないでしょうか?

昔懐かしい卵で巻いたオムライスも趣があって素敵なのですが、やはり今の主流はフワトロ卵のオムライスである事は否めません。

とは言え、なかなか料理としても難しいと言われるオムライスなので、感動するほど美味しい店は、そう多くないのも事実です。

なので紹介するにあたっては、食べた人の気持ちを裏切らないレベルの美味しいオムライスを紹介する必要があり、これまた記事を書く側としては悩んでしまう案件ではないでしょうか?

しかし!

美味い店がちょいちょいある“神田駅周辺”であれば、さして悩む必要もなくオムライスが美味しい店を挙げる事が出来る筆者で御座います。

バリエーションの豊富な『美味卵家』のオムライス

オムライスと言えば“デミグラスソース”なイメージですが、この『美味卵家』は色々な種類のソースがあるので、その日の気分で色々なオムライスを試す事が出来ます。

もっとも、筆者の場合はベーシックスタンダードな奴から攻めるので、気になるオムライスもスルーして、普通にデミグラスソースを選ばざるを得ない事情があります。

『牛タン煮込みのオムハヤシライス』を食す!

「オムライスを食べると言ったな?あれは嘘だ」

オムライスを食べると見せて、さりげなく『牛タン煮込みのオムハヤシライス』(1200円)を食べる筆者で御座います。

理由は『濃厚デミグラスオムライス』(1400円)よりも200円安いからです。

しかし!

このビジュアルを見て頂ければ納得して頂けると思いますが、オムライスではなくオムハヤシでも十分ではないでしょうか?

ちなみに『美味卵家』で言うオムハヤシは、白い御飯に卵とデミグラスソースな食べ物でして、御飯の部分がケチャップライスか白飯かの違いだけであります。

卵とデミグラスソースの美味しさがキテる!

オムライスに特化した店というだけの事はあり、卵とデミグラスソースの美味しさは間違いありません。

特筆すべきはデミグラスソースの量でしょうか?

普通の店のオムライスに比べてソースが多いので、その美味しさを思う存分楽しむ事が出来ます。

牛タンの煮込みって最強じゃね?

そして!

今回は『牛タン煮込みのオムハヤシライス』ですので、牛タンもガッツリ入っています。

柔らかく煮込まれた牛タンの美味しさを、今更語るのは野暮ですが、あえて言おう!

「牛タン、めっちゃ美味いで!」

本来、オムライスは卵とケチャップライスで十分なはずですが、そこに美味しい牛タンの煮込みが加わっても、なんら問題ない事を再確認した筆者です。

スープも旨し!

オムライスを食べる時に割と重要なのはスープで御座います。

洋食屋さん、もしくはオムライス専門店の場合は、このスープが美味しいかイマイチかで食後の満足度が大きく左右されます。

その点、この『美味卵家』はバッチリですね。

『牛タン煮込みのオムハヤシライス』 総評

基本となるデミグラスソースと卵の美味しさもですが、そこに牛タンの煮込みが加わる事で凶悪な美味しさになっています。

お値段1200円とランチにしては贅沢な予感もありますが、牛タン煮込みとライスだけでも1000円くらいが相場である事を考えると、オムライス的な要素も加味した場合、逆にリーズナブルであると言えると思います。

若干、店内が広くはないので友達を引き連れて食べに行くと、座るのに苦労する可能性はありますが、この美味しいオムライスを人に勧めたくなる衝動は抑えられません。

というわけで、神田でオムライスを欲した時は、この『美味卵家』と『ルー・ド・メール』のほぼ二択なので覚えておいて下さい。

『美味卵家』

住所:東京都千代田区鍛冶町2-13-24

営業時間 11:00~15:30 18:00~22:00
定休日:不定休

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。