体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まさかの老眼?若くても他人事じゃない!眼鏡を作ったのでいろいろ聞いてきた

01IMG_4682_R

記者は近視で普段はコンタクトレンズをしている。数年前から夕方や疲れた時に手元のプレスリリースが見えにくくなるということがたまに起こっていた。
これはいわゆる老眼かなと思いながらも、昼間は特に問題はなかったので夜だけ苦労しながら記事を書いていたのだが、いよいよ老眼鏡が必要かなと取材の合間にメガネ屋に走った次第である。
かといって、まだ45歳なので完全な老眼でもあるまいし、その辺の詳しいことを聞いてみようとあらかじめ取材を申し込んで、渋谷の眼鏡市場に行ってみた。

02IMG_4669_R

普段はコンタクトレンズなので、メガネ屋に行くことはない。様々なフレームが並んでいて、ファッションの一部としての眼鏡も多いことに驚いた。

03IMG_4667_R

フレームを選ぶのだが、いろいろと掛けてみた結果、オリジナルブランドだというNEO-TEXにした。
掛け心地がいいというよりも、「掛け心地がない」といった方が正解かもしれない。
なにせ軽くて、掛けた感じがしないのだ。

04IMG_4666_R

フレームはぐにゃぐにゃで、こんなのでいいのかと思っていたのだが、特殊強化シールドで作られていて柔らかすぎても大丈夫だとのこと。
また、軽さゆえにレンズを入れた時にずってしまうのを防止するために、ツルの先端には純チタン製のバランサーが付いているという念の入れよう。
ここらあたりまでは、選ぶ楽しさもあって余裕だった記者。

05IMG_4674_R

レンズもいろいろあって、昔とは違うなぁという印象。

06IMG_4679_R

そして、いよいよ視力測定。
あらかじめ、最近の状況を話しておいたので、それに沿って機械で測定する。
ちなみに、コンタクトレンズをしたまま測定するのが解せないのだがそういうものなのか。

07IMG_4683_R

スマホ老眼というポップが目に入り、いやな予感がするが、結果は…。

「まず、効き目は右目ですね。それはいいのですが、確かに近くが見えにくくなっているようです」

--今の時間でもですか?夜はそうだという認識はあるのですが…

「はい、昼でも見えにくくなっています」

(がーん、これはもう立派な老眼だ!)
と、心の中で叫ぶ。少しばかりショックではあったのだが、仕方がない。

--老眼鏡ですか?

「いえ、コンタクトレンズをした状態で遠くは見えていますから、近くを見やすくするだけで大丈夫ですよ。今のままで老眼鏡をすると遠くが見えなくなりますから」

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。