ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まだまだあったタイヤイ族の料理『カオフーンウンルアン』

  • ガジェット通信を≫



ข้าวฟืนอุ่นเหลือง カオフーンウンルアン
タイヤイ族のとろとろ豆スープ

またまたメーサイシリーズ。
前回のカオレームフーンの屋台から歩いてすぐのところに、似たような屋台があるのを発見。
同じ料理を扱っているのかな?と思いきや、ビミョーに違っていた。


文字を読んでみると…「カオフーンウンルアン」かな?
麺料理も置いてるみたいやね。


この前のは豆から撮った澱粉を固めてところてんのようにしたものだったけど、
こっちのは固めずにそのまま出している感じ。
ま、「カオフーンウンルアン」の別バリエーションって感じやね。
麺が液体状ってこと以外は入っている具も味のつけ方も、ほとんど変わらない様子。


それでもとりあえず食べてみた! さっき食べたばっかだったけど、まぁ一人前がそんな多くないのでどうってことないよね!
これはこれで美味しそうだ・・・。


すくい上げてみると、中華粥と同じくらいの粘度はあるかな?
当然ながらお粥感覚でサラッと頂ける。
深夜の夜食にはもってこいの料理だった!

…後で調べてみたら、これにさらに中華麺を追加して、つるつるっと頂くことも可能らしい。
どうやら、お店の看板の下に書いてあった「ヤムミーウンルアン(ยำหมี่อุ่นเหลือง)」というのは、
それを指しているみたい。
なにそれおいしそう! 今度機会があったら是非とも注文しよう!(^o^)

街かどタイ料理! - トムヤムBlog -の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP