ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ツール・ド・フランス」衝撃の落車シーン続々……映画『疑惑のチャンピオン』本編映像

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

疑惑のチャンピオン
世界最大の自転車ロード・レース、ツール・ド・フランスを観たことがありますか? 1903年にスタートし、100年以上の歴史を誇る、世界で最も過酷な競技のひとつと言われており、毎年7月にフランスを中心にイギリス、ベルギー、モナコなどの周辺国を舞台に開催され、世界中から参加する有力選手たちが3週間にわたり、全21ステージで競い合います。『弱虫ペダル』の渡辺航先生が「ツール・ド・フランス2014」のテレビ中継に登場した事も話題になりましたよね。

山岳ステージやタイムトライアルといった多彩な見どころのあるステージが設けられ、総合1位に輝いた選手には「マイヨ・ジョーヌ」(黄色いジャージ)が贈られます。コースサイドには1000万人以上の大観衆がつめかけて選手たちに熱い声援を送り、大会の模様は約190の国・地域で生中継を含めTV放送。サッカー・ワールドカップ、夏季オリンピックと並ぶ世界三大スポーツのひとつに挙げられることもあるビッグ・イベントなのです。

疑惑のチャンピオン
そんな、ツールを7連覇した男の栄光と転落を映画化したのが7月2日より公開となる『疑惑のチャンピオン』。

25歳のときに脳にまで転移した精巣ガン(精巣腫瘍)を患うが、治療を受けて快復し、自転車競技に復帰。1999年から2005年まで〈ツール・ド・フランス〉7連覇を果たすという、偉業をなし得たのがランス・アームストロングだ。数々の栄誉に輝き、スポーツ選手の域を超えたセレブレティでもあり、ハリウッド女優とのゴシップが報じられるほどの存在でした。

劇中では多くのレース映像が使われており、自転車ファンにはたまらない内容となっていますが、このたび公開された本編動画では、落車、転落などひやりとするシーンに自転車レースの過酷さを垣間見ることができます。本場の自転車レースを見たことがない人にとっては、こんな過酷なスポーツがあったのか、驚きの方が大きいかもしれませんね。

「ツール・ド・フランス」衝撃の落車シーンに驚き!『疑惑のチャンピオン』本編映像
https://www.youtube.com/watch?v=bTQDbnG78es

疑惑のチャンピオン
そして、劇中で描かれているランス・アームストロングが運動能力を向上させる薬物、ドーピングのスキャンダルに巻き込まれていく様子についてはまた違う意味で「痛っ!」なシーンがたっぷり。写真の注射器を持った謎の男はランス・アームストロングにドーピングを指南したミケーレ・フェラーリ医師です。

落車で「痛!」く、薬物摂取のシーンでも「痛!」い、そしてランス・アームストロングの存在も「痛」いのか? 往年のファンには怒られてしまいそうですが、一流のアスリートの彼をそこまでに突き動かしたものは一体なんだったのでしょうか? 

一般人の私たちには知る由もない真実がこの映画にはいっぱい詰まっている。スポーツ選手とは程遠い私たちでも、「人が欲に囚われてしまう姿」には何かしら考えてしまうでしょう。主演のベン・フォスターの「なりきりぶり」にもご注目!

PHOTO BY LARRY HORRICKS (C)2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。