ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドゥモア、ランニングマシンのようなVirtuix社の歩行型VRデバイス「Virtuix Omni」を国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドゥモアは 6 月 27 日、米国の VR デバイスメーカー Virtuix の歩行型 VR デバイス「Virtuix Omni」を、国内発売すると発表しました。Virtuix Omni は 360 度対応のランニングマシンのよう形状で、床部分が滑る仕様となっていて専用シューズを履いて歩いたり走ったりすることができます。Virtuix Omni と「Oculus RIFT」「HTC Vive」「Gear VR」などの VR ヘッドセットで VR ゲームをプレイすることで、ゲームの中を実際に歩いたり走ったりすることができるというわけです。また前進だけでなく、後退や回転にも対応しています。ドゥモアでは Virtuix Omni の予約販売を本日より開始しています。実際の発送予定は 7 ~ 9 月の予定ですが、実は現地におけるクラウドファンディング商品となっていてまだ開発段階となるため、発送が大幅に遅れる可能性もあるとしています。またドゥモアはあくまでも国内における販売代理店となり、注文後のキャンセルに対してキャンセル料が発生することと、万が一 Virtuix が倒産した場合は一部しか返金されない可能性もあると、注文ページに恐ろしいコメントも記載されています。Virtuix Omni の国内通常価格は送料と消費税を含めて 168,000 円ですが、 7 月末までに予約を行うと 30,000 円引きの 138,000 円となります。https://www.youtube.com/watch?time_continue=87&v=k_q2zGywt4USource : ドゥモア

■関連記事
GoogleフォトのAndroidアプリが削除の同期に対応
国連WEP、公式Androidアプリ「FOODeliver」をリリース
KDDI、Galaxy S7 edge Injustice Editionを7月4日に100台限定で発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP