ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今週のHOT BUZZ SONGは、藤原さくらの「Soup」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 楽曲の浸透度を正確に測るため、セールス、ダウンロード、ストリーミング、ラジオ、ルックアップ、Twitter、YouTube、GYAO!の8つのデータを合算している“Billboard JAPAN HOT 100”。

 特定のデータだけを合算してみると新たな動向が見えてくるのも本チャートの醍醐味の1つ。例えば、ダウンロード、Twitter、YouTube、GYAO!というデジタル領域でのポイントを合算してみると、今週の1位は藤原さくらの「Soup」となる。

 本作は、福山雅治の主演ドラマ『ラヴソング』の主題歌。藤原がヒロイン役としてドラマにも出演していることも相まって、リリース前からTwitterとビデオストリーミング(YouTube/GYAO!)で高ポイントを獲得。さらにダウンロード解禁も後押しし、カップリング曲「好きよ 好きよ 好きよ」と「500マイル」に至っては、ビデオストリーミングのポイントがないにも関わらず、ダウンロード、Twitter、YouTube、GYAO!の合計ポイントでそれぞれ8位、13位を獲得するという強さを見せた。

 また、2番目に同ポイントが高かったのはFlower「やさしさで溢れるように」。映画『植物図鑑』の主題歌で、映画と連動したミュージックビデオによって、特にビデオストリーミングにおいて圧倒的な強さを見せた。そして、3位はTwitterのポイントが最も高かったEXO「Monster」。本作は、米ビルボードの「ワールド・デジタル・ソング・チャート」で2週連続1位(http://goo.gl/ABb2P4)を獲得しており、さらに韓国の音楽チャートでも軒並み1位が続くなど、各地での活躍が話題を呼んだ結果と言えるだろう。

関連記事リンク(外部サイト)

BTOB「L.U.V」10.7万枚を売上げ総合首位、藤原さくら2週連続3曲チャートイン
【Chart insight of insight】メディアミックスの申し子? ベスト10に2曲チャートインした藤原さくらの快進撃
『HiGH & LOW』ベストが完全制覇で首位!トップ3はコブクロ、レッチリが続く

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP