ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

車査定の真実! 高く売るためにやるべきこと、やらなくてもいいこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

▲今回、我々の疑問&質問に答えてくださったのは、東京ユーポス 河上さん。今まで数えきれないほどの車を査定してきた敏腕スタッフです

聞きたくても聞けなかった買い取りに関するあれこれ……

愛車を売りに出す際、より高い値を付けてほしい! と考えるのは当たり前のこと。査定前には、「嫁入り準備」ならぬ査定前準備をしている方も多いと思います。しかし、その準備って本当に意味があるのでしょうか? そもそも、どんなことをしたら高く買い取ってもらえるのでしょうか?

今回は、そんな売却に関する疑問&質問をプロにぶつけてきました! 答えてくださったのは、買い取り専門店 東京ユーポスの河上さん。なかなか聞けない裏話や意外な真実!? まで、大変貴重なお話を伺えましたよ。これから車を売却する可能性のある方は、ぜひご参考に!

1、改めてチェックしたい「マイナスポイント」

まずは、減額につながる代表的なマイナスポイントの一部を教えてもらいました。改めてチェックしてみてください。

□キズ

□へこみ

□サビ

□塗装の色あせ

□シートのへたり・穴

□喫煙

□ペット臭

▼河上さんから一言!

「キズやへこみはもちろんですが、塗装の色あせは大きな減点ポイントです。

普段からの屋根下保管やカバー掛けは、価値を維持するという意味でもとても大切なことだと思います。また、下まわりがサビていると評価額が大幅に下がります。海辺や雪上を走行することが多い方は、気をつけてくださいね」

なるほど。あまり使い方を制限してしまうのも考え物ですが、ちょっとしたケアや対策の積み重ねが大切なのですね。

▲査定員は、下まわりまでしっかりチェックしていますよ!

2、高額査定につながるかもしれない「プラスポイント」

続いて、加点評価のためのポイント。これらは、高額査定のためにというよりは、車を買う際に参考にできるかもしれません。

□純正オプション装備・パーツ

□サンルーフ(ムーンルーフ)

□本革シート

▼河上さんから一言!

「エアロなどのオプションパーツは、純正のものであれば付加価値になります。しかし、個性的なデザインの社外品などは一概にプラスとは言えません。ボディに穴を開けて装着されている場合はむしろ減点対象となってしまう場合もあります。

また、アルミホイールやマフラーなどは交換前の純正品も残っていれば喜ばれますので、交換する際は捨てずに保管しておくことをオススメします」

“カスタムしたままでも良いし、純正に戻すこともできるよ”というのがウリになるようですね。また、昔から高級車の三種の神器といわれてきた、“屋根・革・マルチ”は今でもやはり人気とのこと。マルチとはかつてはカーナビを指す「マルチインフォメーションディスプレイ」のことでしたが、現在は、フリップダウンモニターなどのオプション品を指します。

こういった装備は、車両購入後に付けるのが難しいため、高評価につながるそうです。

▲高額ポイントになり得るサンルーフ(ムーンルーフ)。編集部は、「そんなの都市伝説だ……」と思っていたので正直ビックリしました(笑)。売却価格を意識して車を選ぶというのもひとつの手ですね

3、実は「意味がない」こと

さて、ここからは、多くの人がやりがちな査定対策について。まずは、やったところで加点ポイントにはならないことを教えてもらいました。聞きたかったような……聞きたくなかったような……(笑)。

□洗車

□ワックスがけ(コーティング)

□タイヤ交換

▼河上さんから一言!

「車を洗車してあるか否かで査定額が大きく変わることはありません。査定員はとてもチェックしやすく、ありがたいんですけどね(笑)。

ポリマー加工ですとかコーティングの類も特に高額査定につながるポイントではありません。またタイヤの減り具合なども特に減点ポイントになるわけではありませんので、普段乗られているまま査定に出していただいて結構ですよ」

つまり、査定前にわざわざお金をかけてやっていることは、結果的にただの支出になってしまうということですね。

4、「逆効果」になりがちなこと

こちらは、むしろ減点ポイントになってしまいそうな、やりがちお手入れ。

□キズ・へこみのDIY

□塗装のDIY

最近は、ホームセンターにある道具を使って自分で修理してしまう、という方も多いと思いますが、逆効果になり得るのだとか。だからといって、プロに修理してもらうということも結果的に得だとは言い切れないと言います。

▼河上さんから一言!

「もちろん、プロの手で完璧に修理してあれば評価額は高くなります。しかし、その加点ポイント分が修理代を上回ることはほとんどありませんので、規模が小さければ小さいほど、そのままにしておいた方が支出は少なくなると思います」

つまり、良かれと思って直前にやればやるほど、無駄な支出になり得るということ。何事も一夜漬けは良くないようです……。

誰でもできる! 「買い取り価格を高くするためのポイント」まとめ

さて、伺ったお話をもとに、編集部で高額査定につながるポイントをまとめてみました。

一、できるだけ屋根下に保管すべし

無理な場合はカバーを掛けるなどして塗装が傷まないよう心がけましょう

一、下まわりはマメに洗車してサビを防ぐべし

海辺や雪上を走行した後は特に注意しましょう

一、ペットを乗せる際は、シートカバー+ケージを準備すべし

臭いがつかないように細心の注意を払いましょう

一、車内は禁煙にすべし

臭い・ヤニがつかないよう車外で吸うようにしましょう

一、カスタムする際は、純正品も保管しておくべし

純正でも社外でも可能であればもともとのパーツはとっておきましょう

一、売却直前の修理は控えるべし

DIYは絶対にやめましょう

この他、安全装備や防犯装備に関しては、査定時にオーナーさんがしっかり伝えることも大切だそうです。愛車をきちんと評価してもらうためにも、普段の乗り方や正しいケアを心がけていきましょう。

【取材協力】

株式会社ユーポス(東京ユーポス 本社営業部)

車買い取り専門店。簡単申込で無料査定実施中です。近畿・九州・関東・中部などに店舗があります。詳しくは関連リンクより。

▲終始、さわやかな笑顔で対応してくださった河上さん。ありがとうございました!

【関連リンク】

東京ユーポス 本社営業部 株式会社ユーポス 公式Webページカーセンサーnet 簡単ネット車査定ページtext/編集部

photo/田端邦彦

関連記事リンク(外部サイト)

東京ユーポス 本社営業部
株式会社ユーポス 公式Webページ
カーセンサーnet 簡単ネット車査定ページ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP