ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneで操作できる、史上最も賢いポータブル空気清浄機「Wynd」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


いつも当たり前のように吸っている空気、目に見えないので汚れに気づきにくいですよね。部屋を閉めきっているので「なんか息苦しいな?空気がおいしくない」という状態になってから慌てて窓を開ける。
そんな状態を回避できるのが、ポータブル空気清浄機の「Wyde」です。

iPhoneで操作できる空気清浄機で、周囲の環境を常に監視しながら、行く先々の空気をクリーンに保ちますよ。

・どこでも空気をきれいに

Wydeはコンパクトながら、毎秒8リットルの空気をクリーンにできます。
例えばオフィス。クーラーをつけていると窓を閉めっぱなしにしがちですが、Wydeなら空気をきれいにしつつ空気を自分に当てる様に使えます。


また、ドライブでも活躍します。車外の空気が汚れているときは窓も開けられないですし、クーラーをつけていると空気の入れ替えもままならない。

そんなとき、Wydeを使えば、10分以内に車内の空気を70%クリーンナップ。ドリンクホルダーにも入りますよ。

・iPhoneと連携し空気の汚れ具合をチェック

WydeはiPhoneと連携し、アプリで空気の汚染度をチェックできます。そう、iPhoneで見えない空気を「見える化」するんです。

さらに、Wydeからセンサーだけを取り外せるので、空気の汚れ具合がひどいところをチェックし、そこにWydeを置く。というやり方もできます。また、カバンに入れておいて空気の汚れ具合だけを確かめる。っていう使い方もアリですよ。

また、オートモードにしておけば、自動的に周囲の空気をクリーンにしてくれるんですよ。
これ、ずっと持ち歩いていたい。

Wydeは、現在クラウドファウンディングのKickstarterで出資を募っています。購入は129ドル(約1万円)からで、目標額を大幅に上回っています。まだ出資は募集しているので、気になった方はチェックしてください。

Wynd – The smartest air purifier for your personal space by Wynd Technologies, Inc. — Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP