ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

白水悠、ライヴハウスを語る-OTOTOYミニ・インタヴュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月19日(日)下北沢シェルターにて、I love you Orchestra(以下・ilyo)が3rdアルバム『Crack』の「全曲再現」&「公開ライヴレコーディング」を行った。

発売前の新作を全曲披露、しかもライヴ・レコーディング実施という貴重な機会にも関わらず、日中の開催、入場無料でドリンク代のみ、対バンとして新進気鋭のバンドManhole New Worldも出演するという異例づくめとなったこのライヴ。ilyoのリーダー・白水悠は今、どんなことを考えているのだろうか。ライヴ当日、開場直前に話を訊いた。

―今日は日曜日の昼間にチャージ無料で開催、しかも3rdアルバムを全曲再現のライヴ・レコーディングということですけど、全曲再現といってもそもそも…

白水:全曲聴いたことねえよって話だよね(笑)。まあ、シェルターっていう箱があってこういうことが出来るんだけど。チャージって無ければないで良いかなっていうか、やっぱり高えなって僕は思っていて。

―前々からそれは言ってましたよね。

白水:ただ、もちろんそれってしょうがないところでもあるよね。ライヴハウスだって生き残らなきゃならないし、潰れちゃったら困るし。今日は2ドリンク1000円なんだけど、それが一般的に高いか安いかっていうのは…。高いとも言えるし安いとも言えるしさ。まあバーとか行くことを考えたら普通っちゃあ普通だし。だから、それだけでライヴハウスが持つような、こういう土日の昼間を使ったりとか。平日の夜だって、そのバンドのファンだけが集まるような感じじゃなくてさ。

―ライヴハウス自体に遊びに行きたいと思ってもらえるようにしたい?

白水:うん、だってクラブとかに絶対勝ててないじゃん。クラブだってけっこう安いし、平日だって遊びに行く人いるでしょ? 他にも飲み屋とかたくさんあって色んな遊びがある中で、ライヴハウスってやっぱり友だちを誘って来づらいなと思っていて。バンドのファンは来れるかもしれないけど、誰かを誘って来るとか広めることが気軽にできないと思うんだよね。お笑いのライヴって500円とか1000円で観れたりするじゃない? 今のライヴハウスってチケット代も上がってるしさ。2000円、2500円とかで1ドリンク500円で3000円、交通費を考えると4000円5000円くらい行っちゃうこともあるわけでしょ。5000円あればかなり色んな遊びが出来るもんね。もちろん、そのバンドが好きなら5000円払っても良いという人たちもいっぱいいるし、僕らもそういう人たちに支えられてるんだけど。でもそれだけじゃなくて、色んな遊びの1つとしてライヴハウスというものが提供できたらなって。だから今日のライヴにしても、チャージ無料でも2ドリンク1000円である程度お客さんが入れば、ライヴハウスとしても何もしないよりは良いだろうし。先月、名古屋のpalitextdestroyと神戸のmemento森でチャージフリーの3マンを平日にやったんだけど、友だちを誘ってくれたりして人が集まってくれて。そういうことで広めて行きたいなって思うんだよね。実際、(イベント等で)30分のライヴで数千円ってキツイよね。ワンマンで2時間前後やるならそれだけの価値はあると思うけど、実際に30分のライヴってやってる側も広めるために出てる場合もあるし。だったら、いくらかのギャラとかチャージバックを貰うよりは、チャージフリーで友だちを誘って来てくれる方が、先に繋がって行くよね。今の金額は高すぎると思うもん、やっぱり。

―2年くらい前からそれは言っていましたし、気軽にライヴハウスに足を運ぶ機会を多く作ろうとしているのは、はたから見てもわかります。

白水:やっぱりilyoがあるからっていうのが大きい。KAGEROではスタンスとしてもそういうことは出来ない部分があるけど。今、判断力を持っている人の数がすごく少ないと思うんだよね。“これは良い、これは悪い”っていう判断ができないというか。そういう状況がある上で、どのジャンルにしてもSNSとかを上手に使った人が成功していると思うんだけど、そういうのって物事の本質ではないじゃん? でも、ilyoの場合は逆にそこを使ってやろうかなと思っているんだよね。

―確かに、そうしたilyoの活動によってお客さんの間口を広げた感じはありますね。

白水:それはある。今日は夜にKAGEROのライヴもあるんだけど、両方来てくれるお客さんもいたりするし。今日のライヴもそうだけど、ilyoに関しては今までの習慣とかに囚われないようにしたいというか、新しいやり方をしていきたいんだよね。

※後日、この日のライヴ・レポートを掲載します。

インタヴュー:岡本貴之
写真:Kana Tarumi

・I love you Orchestra「Crack LIVE 2016.06.19」
https://mago-taco.bandcamp.com/
・I love you Orchestra オフィシャル・ウェブサイト
http://kagero.jp/ilyo

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP