ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

しりあがり寿「全ページで笑わせようとしてました」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

しりあがり寿「全ページで笑わせようとしてました」
J-WAVE土曜朝8時からの番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・鷲尾春果)のワンコーナー「TOKYO GAS LIFE IS A GIFT」。6月18日のオンエアでは漫画家の、しりあがり寿さんが登場しました。

●会社員&漫画家として活動していたものの…
『真夜中の弥次さん喜多さん』をはじめ、数々の笑える作品で知られる、しりあがり寿さんは昨年、デビュー30周年を迎えました。まさに「日本のギャグ漫画界の宝」です。おバカなネタから時事問題、あらゆることを漫画とアートにしています。そんなしりあがりさんには会社員として働いていた時代があります。

「大学(多摩美術大学)時代に漫画を投稿したけど、落ちてしまって、漫画家になれなかったんです。その後、ビール会社で広告の仕事をしていました。広告の仕事もやりたかったことなんだけど。ちょうどバブルの時代でしたけど、消費するよりも、働かされていた側でした。でもあの頃は物が売れていた時代でもあって、みんなが新しいものに興味を持っていたから、商品が売れるのはゲームとして楽しかったですね」(しりあがりさん、以下同)

と当時を振り返っていました。入社当時から漫画を描いていたそうですが、36歳のときに独立します。独立を決めた理由とは…

「漫画の仕事と会社の仕事を両方やっていることにメリットがあったんです。会社員なのに漫画を描いているとおもしろがってもらえて、開発の仕事に携わらせてもらえたり、漫画家としては会社をテーマにした漫画を描かせてもらったりで。

でも、やることが分散してしまっていたんです。ほかにもギャグ漫画家は世に出てきていたので、チョロチョロしていたら漫画の仕事がなくなってしまうと思って。でも描きたいことはたくさんあるから、自分で自分のリストラをして漫画に集中しようと思ったんです。

それに…自分が管理職になったとしても、気が弱くて部下を叱れないと思って(笑)。これは独立するしかないと思いました」

漫画家として独立した当時は、とりわけ楽しかったそうです。

「最初の頃の単行本、『エレキな春』『おらあロココだ!』『夜明ケ』を作っているときは、おもしろかったなあ。漫画を描くこと以外に本を作ることそのものがおもしろくて、装丁家の祖父江慎さんの自宅に行って台割を考えたりとか。

とにかく全てのページで笑わせよう、フザけようとしてましたね。『日本で俺たちが一番おもしろいよね』って、今思えば思い上がってて。でも、その思い上がりが幸せですよね。今考えたら、全然そんなこともないんだけど(笑)」

と謙遜されていました。しりあがりさんはさまざまな作品を世に送り続けていますが、中でも朝日新聞の夕刊で連載されている4コマ漫画『地球防衛家のヒトビト』は2002年から続いています。新聞の4コマ漫画に込める想いとは…

「毎日描かせてもらえると楽しいですよ。ニュースを見ていてツッコミを入れたくなることって多いでしょ。意見が分かれる問題があったら、真ん中にボールを落とすんです。結論は出さずに、あくまでも考えるきっかけにとどめるんです。

ただ僕は、ものすごく字を間違えるんです。それを新聞社の方が直してくれるんだけど、優秀な記者にそういうことに時間をとらせてる…と思うと、俺は日本のためになってないと思いますね(笑)」

とのことでした。この話を聞いた渡辺祐は「新聞の場合は時間との戦いですし、毎日描くのは大変ですよ」と尊敬の念を表していました。

●原稿の仕上げはランチを食べつつ…
実は、渡辺はしりあがりさんのことを「しり先生」と呼ぶ間柄。というのも、渡辺が編集者でしりあがりさんが会社員だった頃から、お世話になっているそうです。

「学生時代から、先生が描く漫画は評判が良かったんですよ。その後、先生がビール会社で働いていてた頃は『お昼休みに原稿を取りに来てほしい』って言われて、先生はランチを食べながら最後の仕上げをするんです。13時になるとまた仕事に戻っていく」(渡辺)

渡辺によると、しあがりさんは(褒め言葉として)とにかく変なことを考えているとのこと。

「本人は昔から全然変わっていなくて、ずっと変なことを考えてるんです。それに、たくさんの仕事をしているのに、イケイケ感も出さないところも良いんです。たくさんの賞も受賞していて、高い評価を得ています」(渡辺)

なお、しりあがりさんは、練馬区美術館にて「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」を開催します。なんと、600点にも及ぶ物がクルクルと回転するそうです。思わず鷲尾も「600点も回す物があるんですか!?」と驚くほどですが、「物が回っていると元気になった感じがする」と言うしりあがりさん。展覧会は7月3日〜9月4日。果たしてどんな変わった展覧会になるのか、今から楽しみですね。

一方、「RADIO DONUTS」の次回のオンエアは6月25日(土)。土曜朝8時をお楽しみに!

【関連サイト】
「RADIO DONUTS」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

漫画家・久保ミツロウに突然かかってきた運命の電話(2016年04月19日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1415.html

テルマエ作者、ヤマザキマリが語る「国境のない生き方」とは(2015年04月02日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2015/04/post-988.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。