体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3D映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』をより楽しく観るための予備知識

映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』は、歴史もので初めて3D化された注目のアクション映画。フランス古典名作『三銃士』を、とんでもなくファンタスティックな発想でエンターテイメント化したものです。

『三銃士』はアレクサンドル・デュマが新聞連載小説として1844年に発表したものですが、以来、映画化は数知れず、アニメやミュージカルや人形劇化され、ともかくこれほどまでに全世界で愛されている作品は例を見ないでしょう。

そこで、今回の映画化によって、『三銃士』という作品に関心をもつであろう人たちに、少しだけ予備知識を提供しておきましょう。

まず、この映画にも登場するリシュリュー宰相やバッキンガム公爵、アンヌ王妃にルイ13世などの歴史的人物は実在していますから、適当に調べて見てください。

飛行船・王妃の首飾り

飛行船に関しては“ファンタジー”です。フランスのモンゴルフィエ兄弟が熱気球の実験に成功するのが1783年なのでこの物語から150年ほど先のことです。
『王妃の首飾り』とは、原作者デュマの別の作品の名です。やはり150年ほど先のフランスで、あの王妃マリー・アントワネットに仕掛けられた破廉恥な首飾り詐欺事件を、デュマが小説化した時の作品名。

ただ、この映画の骨格にもなっているフランス王妃アンヌ・ドートリッシュとイギリス宰相バッキンガム公爵の恋愛関係は史実で、その時に、王妃の首飾りにまつわる陰謀があったことは、当時のある回想録(貴族などが残した手記)に確認がとれています。従って、原作の中で主人公ダルタニャンと三銃士らが争奪戦を演じる“首飾り”は“史実”となります。

主人公ダルタニャン

ローガン・ラーマン演じる主人公のダルタニャンは、いかにも快活で陽気な“物語の主人公”っぽいキャラですが、実在しています。フランスのラルース人名事典などにも名が出ています。

ダルタニャン伯爵シャルル・ド・バッツ。ガスコン貴族。
1611~73。ルイ14世の近衛銃士隊長。後に野戦総監。マーストリヒト攻囲戦にて戦死

とあります。子孫もいて、酒造業をしています(“ガスコン”はガスコーニュ地方の意)。

そもそも、原作者デュマが、実在の軍人ダルタニャンの残した『回想録』に物語の着想を得ているのです。あまり有名ではないが、ちょっとした歴史書には名前が出てくる程度の軍人さん、というわけです(ただし、その『ダルタニャン回想録』は別人の手による偽物)。

三銃士1 アトス

マシュー・マクファディン演じるアトス。ちょっと陰のある思慮深い男、アトスも三銃士の一人でダルタニャンの仲間ですが、この人も実在。アルマン・ド・シレーグ・ダトス。1615年~43年。随分、短命なんですね。近衛銃士隊員なのですが、実は決闘して死んでいます。最近、パリのある修道院でその記録が発見されました。修道院の敷地はよく決闘の場に利用されていましたから、死体を修道士らが収用したようで、その記録ということです。“ダル”の仲間として活躍させたのは、原作者デュマの創造力です。

三銃士2 アラミス

ルーク・エヴァンス演じるアラミス。オシャレでプレイボーイの三銃士の一人。彼も実在でアンリ・ダラミッツ。1620年~55年もしくは74年。近衛銃士隊を引退後に田舎に隠居。結婚して子どもをつくり、地味ですが穏やかな人生を送っています。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会