体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『仮面ライダーアマゾンズ』藤田富さん&武田玲奈さんインタビュー 「テレビの事情でできなくなっている表現を」

IMG_6258_f

『Amazonプライム・ビデオ』の日本オリジナル作品第1弾として製作された『仮面ライダーアマゾンズ』(全13話)。続編となるシーズン2の製作、さらには地上波放送も決定した話題作だ。

悠(はるか)と仁(じん)、養殖と野生――対照的な2人の“アマゾンライダー”を巡るダークなストーリー展開は、つい先日、衝撃的な最終回を迎えたばかりである。

待望の地上波放送を前に、ガジェット通信は、仮面ライダーアマゾンオメガ/水澤悠役の藤田富さん、ヒロイン水澤美月役の武田玲奈さんにインタビューを行った。

amazonz_3

――『仮面ライダーアマゾンズ』は『仮面ライダー』45周年記念プロジェクトということですが、お二人はもともと『仮面ライダー』シリーズをご覧になっていましたか?

IMG_6238_f

藤田:僕は『仮面ライダーアギト』が大好きでした。小学校低学年くらいだったんですけど、もともと好きだった戦隊モノと比べると、ちょっと怖くて、ドキドキして、それがクセになって毎週楽しみに観ていました。今は『プライム・ビデオ』で『仮面ライダー』の過去シリーズを視聴できるじゃないですか。大人になってから鑑賞し直しても楽しかったです。

IMG_6236_f

武田:私も小さい頃に観ていました。『プリキュア』シリーズとセットで観るのが日曜日の朝の定番でした。今回この作品に参加することができて、ビックリしつつも、本当に嬉しかったです。

――第1話から衝撃の展開でした。近年の『仮面ライダー』シリーズと比べると、ストーリーも映像も音楽もダークな印象でした。

武田:日曜の朝とは全く違う、シリアスなドラマになっていますよね。それは製作陣も「違うモノにしたい」とおっしゃっていました。

藤田:テレビの事情で最近はなかなかできなくなっている表現を目指したんだと思います。僕の場合は、最初に「仮面ライダーだとは思うな」と言われて、悠というひとりの人間をしっかりととらえて演じることを意識しました。

――1974年に放映された『仮面ライダーアマゾン』も物議を醸した作品として有名ですよね。事前に鑑賞したり、撮影中に意識するようなことはありましたか?

藤田:最初の顔合わせの時に「『アマゾン』は観るな」と言われました。なるべく影響されないように。だから、別モノの作品として製作していると思います。でも、僕は我慢できなくて観ちゃいましたけど(笑)。変身ベルトのドライバー部分が似ていたり、オマージュを捧げたようなシーンがあったり、知っている人が観るとより楽しめる要素はあると思います。

amazonz_4
1 2 3次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。