体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

26か国で友人をつくった経験者が教える、外国人と「絶対に話す5つの話題」

「外国人の友達が欲しいけど、初対面だとどんなことを話せばいいのか分からない・・・」今回はそんな方たちに、26か国を2年かけて旅した筆者が「外国人とのリアルな会話」をお伝えしたいと思います。

これさえ押さえておけば会話に困ることなく簡単に友達ができてしまう、「絶対に話す5つの話題」とは・・・? では早速ご紹介いたします。

■あわせて読みたい
つい言ってない?外国人がうんざりしている5つの質問
子どもの頃とは違う、30代からの親しい友達の作り方
どこからが「友達」?日本と海外で異なる「友達」の概念とは?
【ランキング】日本人男女が「国際結婚したい外国人」は?

1.食文化のはなし

【意外!】外国人と友達になるときに「絶対に話す5つの話題」

簡単な自己紹介のあとに「日本出身」ということを知ると彼らは必ず日本の食文化に触れてきます。「寿司がだいすきなんだ!」「てんぷらも!」という言葉をもう何度聞いたのか分からないほど、外国人に大人気の日本食。

食にまつわる話として「いただきます」「ごちそうさま」など日本独自の食のマナーなどを教えてあげても喜ばれますが、日本の珍食材(納豆・馬刺し・白子など)を紹介すると彼らは時に大爆笑、時に顔をしかめながらも興味深々で話が尽きることがありません。

2.政治のはなし

【意外!】外国人と友達になるときに「絶対に話す5つの話題」

意外かもしれませんが、筆者の経験上だと政治の話は100パーセントといっても過言ではないほどの割合で話題になります。初対面の日本人同士で政治の話をするシチュエーションは稀ともいえますが、実は外国人と仲良くなるには事欠かさない話題のひとつ。彼らは自国の政治にはそれぞれの意見をしっかりと持っており、他国の政治やそれぞれの持つ政治観というのには興味があるようです。

以前オーストリア人の女性に「ねえ、Mr. ABEのことはどう思ってるの?」と突然聞かれ目を泳がせた経験のある筆者ですが、外国人に”I don’t know.”は通用しません。しっかりと自分の意見を持つことは、彼らと話すときに一番大切なこととも言えます。

3.仕事のはなし

【意外!】外国人と友達になるときに「絶対に話す5つの話題」

その人の素性を知るには一番シンプルでわかりやすいとも言えるこの質問。仕事の話からその人はどういう価値観をもっているのかを知ることもできます。

筆者は仕事の話から出会った旅人が美容師だということを知り、その場で髪を切ってもらったことがあります。松ぼっくりみたいな髪型にはなったものの、イギリス出身の彼女からイギリス人のヘアスタイルやファッションについてのトレンドを聞いたりすることはまた新しい発見でした。

4.音楽のはなし

【意外!】外国人と友達になるときに「絶対に話す5つの話題」

結婚の有無や年齢など、パーソナルなことは初対面の人に聞くのはタブーとされているなかで、気兼ねなく聞ける有難いこの話題。他国で流行っているトレンドをフレッシュなまま仕入れることができ、音楽の幅を広げる良い機会でもあります。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。