ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ直伝! パパっとつくれる「冷やし中華」のアレンジレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「冷やし中華はじめました」。

中華屋の張り紙に夏の到来を感じる今日このごろ。今年もやってきた「冷やし中華」のオンシーズン。食卓に並ぶ機会も多くなるが、同じ味付けばかりだとやや飽きる。そこで、冷蔵庫の中の材料でかんたんにつくれる、冷やし中華のアレンジレシピをプロに教わった。

さっぱり&食欲増進! 簡単アレンジ「冷やし担々麺」

レシピを教えてくれるのは“料理勉強家”のヤスナリオさん。5分でつくれる夜食レシピをまとめた『深夜特急めし109』などの著書を持つ、かんたんアレンジ料理のエキスパートだ。

【画像1】また、ヘヴィメタルと食を組み合わせた斬新料理「高円寺メタルめし」のマスターでもある。お店を訪ねた(写真撮影:榎並紀行)

というわけで、さっそく調理開始。まずは市販の冷やし中華用生麺、白すりごま、食べるラー油、そしてパックの豆乳を用意する。

【画像2】スーパーで売ってる中華麺。添付のスープは今回使用せず(写真撮影:榎並紀行)

【画像3】まずは麺を茹で(写真撮影:榎並紀行)

【画像4】麺を洗い、氷水でしめて水気をよく切る(写真撮影:榎並紀行)

【画像5】器の中央に麺を高く盛り、その周りに200mlの豆乳を投入(写真撮影:榎並紀行)

【画像6】しょうゆ大さじ1、白すりごま大さじ1、さらに食べるラー油を回しかけ……(写真撮影:榎並紀行)

【画像7】万能ねぎ、黒粗挽きこしょうを散らし、糸唐辛子をのせれば、あら簡単。「冷やし担々麺」の完成です(写真撮影:榎並紀行)

ビジュアルはとても似つかないが、食べると確かに冷やし中華の面影を感じる。「冷たい中華麺」=冷やし中華という脳への刷り込みは、思いのほか強いようだ。具なしでも十分いけるが、炒めた挽肉などをのせるのもアリ。豆乳ベースでヘルシーなのでスープを全部飲み干しても罪悪感がない。なお、ポイントとしては……

・深い丼に盛り付け、豆乳スープをひたひたに入れる

・丼は調理の直前まで冷蔵庫で冷やしておく

・糸唐辛子をのせるとプロっぽく(お店っぽく)なる

ちなみにヤスナリオさんによれば「冷やし担々麺」は世を忍ぶ仮の名で、メタルめし(※)の世界では「担々メイデン(元ネタはアイアン・メイデン)」というデスネームで呼ぶのが正解らしい。

※メタルめし……メタルバンドや曲名をもじった料理。詳しくは「高円寺メタルめし」で検索

まあ、それはさておき担々メイデンはうまかった。麺を食べ終わった後、余ったスープに「追い飯」を投入するのもおすすめだ。

さて、ヤスナリオさんはこのほか、おまけのアレンジレシピを2つ教えてくれた。それぞれ「イタリアン」「エスニック風」の冷やし中華である。

■エスニック冷やしカレー麺

[材料] 中華麺(1玉)、豆乳(200ml)、カレー粉(小さじ1)、しょうゆ(大さじ1)、サバ水煮缶(1/2缶)、ごま油(適量)、万能ねぎ小口切り(適量)、黒粗挽きこしょう(適量)、糸唐辛子(適量)

【1】カップ等に豆乳 、カレー粉、しょうゆをよく混ぜ、冷蔵庫で冷やしておく。

【2】麺を茹であげ、よく洗い、氷水でしめて水気をよく切る。

【3】器に2を盛り、1をかけ、サバ水煮をのせ、万能ねぎ、こしょうを散らし、ごま油を回しかける。

■イタリアンツナトマト麺

[材料] 中華麺(1玉)、ツナ缶(1缶)、トマト(小さめのもの1個)、市販のイタリアンドレッシング(大さじ1 ※好みで加減)、パセリみじん切り(適量)、黒粗挽きこしょう(適量)

[手順]

【1】トマトは大きめのみじん切りにする。

【2】ボウルに1、ツナ缶、ドレッシングを入れてよく和え、冷蔵庫で冷やしておく。

【3】麺を茹であげ、よく洗い、氷水でしめて水気をよく切る。

【4】2に3を加えよく和え、器に盛り、パセリ、こしょうを散らす。

どちらも低コストかつ超簡単なので、ぜひお試しいただきたい。食欲不振に陥りがちな夏、さっぱりと食べられ飽きの来ないアレンジ系冷やし中華は、きっと重宝するはずだ。●取材協力

高円寺メタルめし
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/06/112333_main.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

バリスタ直伝! 自宅で手軽においしいコーヒーを楽しむ方法
家庭用かき氷器が進化中!ふわふわ氷や大人向けもあるゾ
究極においしい納豆のつくり方を追求するマシン!魯山人納豆鉢とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP