ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhone7にも対応予定!スマホで稼働する「UpLamp」は点灯や明るさもジェスチャーで自由自在

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベッドサイドまでスマホを持っていく人に、ぴったりのプロダクトが登場。世界初、スマートフォンで点くランプ「UpLamp」をご紹介しよう。

スマホのフラッシュカメラを光源とする本品。内蔵されたセンサーが、人間の手の動きに応じて稼働。ライトのへこみ部分にスマホを置き、ジェスチャーするだけで、ベッドサイドの灯りを自由に操ることができる。

・ライト兼充電器として大活躍

オンオフの際は、手を1回ずつたたいて。明るさに強弱をつけたいときは、ライトの前で手を上下させるといい。上へ上げれば明るくなり、下へ下げると暗くなる仕組みだ。

スリープモードやアラーム設定は、専用のアプリから。起床時のアラーム音も、手をたたくだけで止めることができる。

スマホのドッキングステーションとして活用できる点も、本品の魅力。ライトにセットした状態のまま、充電可能。わざわざ充電器を用意する必要もない。

・iPhone7にも対応予定

開発元はミュンヘンのスタートアップ、Products.Plus。発案者Naty Moskovich氏の、同じベッドで眠る妻に気兼ねなく灯りを操りたいという思いから、本品が生まれたのだという。

カラーは、白、青、黄、ピンクの4色展開。これから発売予定のiPhone7にも、対応する予定。7月31日まで、Kickstarterで支援受け付け中。プレオーダー価格は、49ユーロ(約5,960円)から。

UpLamp/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP