ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google、「Project Tango」を「Tango」に改称、Google Playストアに特設コーナーを設置

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Google は 6 月 9 日、これまで「Project Tango」として開発を進めてきた AR 技術の名称を「Tango」に改名したことを発表しました。Tango は、空間をリアルタイムに 3D マッピングするためのセンサーやソフトウェア群を総称したプラットフォーム名のようなものです、同日発表された世界初の Project Tango スマートフォン「Lenovo PHAB2 Pro」は 「Tango 導入スマートフォン」と呼ばれています。Tango の恩恵は対応アプリによってもたらされ、PHAB2 Pro に Tango アプリをインストールして空間を撮影すると、画面に表示される空間の特定の場所にオブジェクトを配置するといった、アプリが持つ機能を利用することができます。Google は Tango の正式リリースを受けて、Goolge Play ストアに Tango 対応アプリの特設コーナーを設置しています。

■関連記事
Android版Googleマップのストリートビューで移動方法がスワイプ方式に変更(動画あり)
Moto Zシリーズ用MotoModsのJBLスピーカー「SoundBoost」のデモ動画
Samsung、「Gear Fit 2」のグローバル展開を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。