ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【東京おもちゃショー2016】モーションコントローラーにカメラ活用 おもちゃメーカーならではのVRに注目

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


6月9日に東京国際展示場(ビッグサイト)で開幕した『東京おもちゃショー2016』。『Oculus Rift』『HTC Vive』といったVRヘッドセットが発売されたVR元年の今年、おもちゃの世界でもVRがアツいようです。おもちゃメーカーならではのVRを提案するタカラトミーとメガハウスのVRヘッドセットをご紹介します。

モーションコントローラー同梱の『JOY! VR 宇宙の旅人』


タカラトミーは、2016年冬に発売を予定しているVRヘッドセット『JOY! VR 宇宙の旅人』を出展しました。




2つのレンズを搭載した本体にスマートフォンを取り付けて利用するVRヘッドセットなのですが、VR空間内で移動したり操作ができるモーションコントローラーが同梱するのが特徴。モーションコントローラーはスマートフォンとBluetoothで接続し、コントローラーでポイントするモーション操作のほか、パッドやボタンによる操作が可能になります。価格は1万円程度とのことで、この価格帯でヘッドセットとコントローラーを提供できるのがおもちゃメーカーならではと言えそうです。



モーションコントローラーを使ってVR空間を移動できる、という特徴を生かして、「宇宙ツアー」「惑星探査」「宇宙浮遊」「プラネタリウム」といったコンテンツを提供予定。ブースでは地球から火星、月へと移動できる宇宙ツアーを体験することができました。コンテンツは無償で提供、一部有償になる可能性もあるとのこと。SDKを公開して外部の開発者がコンテンツを開発できる環境も検討しているそうです。

マーカーをカメラで撮影して操作可能にする『BotsNew VR』



昨年4月に『BotsNew(ボッツニュー)』でいち早くVRヘッドセットに参入したメガハウスは、新製品『BotsNew VR』を出展しています。ヘッドホンが一体になったスマートフォン装着型のVRヘッドセットに、マーカーをプリントした2個のコントローラーがセットになった製品。8月下旬の発売予定で、想定価格は9250円(税別)です。

参考記事:
スマホと組み合わせてVR映像に“没入”できるヘッドセット『BotsNew(ボッツニュー)』 メガハウスが4月上旬に発売へ
http://getnews.jp/archives/834937

360°映像を楽しむ用途に特化していた『BotsNew』に対して、『BotsNew VR』はVR空間でジェスチャー操作ができるのが大きな特徴。



スマートフォンのカメラでマーカーを撮影することでコントローラーの位置を認識、コントローラーを装着した両手によるジェスチャー操作を可能にする仕組み。おもちゃメーカーらしい発想の工夫が感じられます。


ブースで体験した『からあげキャッチ』では、頭を左右に動かして飛んでくるからあげを口でキャッチ、飛んでくるレモンを手でキャッチするというゲームが楽しめました。VRコンテンツは、専用のスマートフォンアプリ上で提供を予定しています。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP