体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

5月の「月間たべもの賞」を発表! 受賞はセブンプレミアム「ティラミス氷」

1605-grandprix_600400

 今回で3回目になる「月間たべもの賞」を発表します!

「月間たべもの賞」とは

1ヶ月間に食品クチコミサイト「もぐナビ」へ登録された新商品
特にレビュアーからの注目を集めた商品
1,2に該当する商品をもぐナビ編集部が独自の視点で選出

4月度の「月間たべもの賞」に輝いたのはグリコ「デリチェ 濃厚ベイクドチーズケーキ&レアチーズアイス」でしたが、今回はどんな商品が「たべもの賞」を受賞したのでしょう…?

セブンプレミアム「ティラミス氷」に決定!

栄えある5月度の「月間たべもの賞」は、4月26日に発売したセブンプレミアム「ティラミス氷」です!

「スイーツなかき氷はじめました。」のアイコンが目印の「ティラミス氷」は、クチコミ数140件、“食べたい”数301クリック、総合評価は5.4という結果でした。(※2016年6月6日12:00時点)

この人気の理由はどこにあるのか。さっそく担当者さんに直撃取材!

真夏以外にもかき氷を食べてもらいたい

お話しを伺ったのは、株式会社セブン-イレブン・ジャパン商品本部飲料・加工食品部 菓子・アイスクリームマーチャンダイザーの千野直子さんです。

20160603-IMG_0307

 千野さんは約1年前からアイスクリームの開発に携わっています。

――受賞おめでとうございます!

賞状まで頂戴できるとは思っていなかったので、とても嬉しいです。ありがとうございます!

20160604-IMG_0359

2015年に一部エリアでテスト販売したところ、ネットに載ったことから一躍話題になった「ティラミス氷」。改良を重ねて、今年ようやく全国販売にこぎ着けた。

——今回受賞した「ティラミス氷」ですが、そもそもの製品化のきっかけを教えてください。

製品化のきっかけは、2つあります。1つめは、2015年に海外の有名かき氷専門店が日本で続々とオープンして話題になったこと。2つめは、日本ならではのかき氷専門店に連日行列ができて、それがここ数年で大きなブームになっていることです。

――マツコ・デラックスさんの番組「マツコの知らない世界」で特集されたりしましたよね。

そんなブームが元々ありまして、有名店のかき氷を食べたときに思ったんです。「かき氷を食べるのは夏だけ」というのは、私の思い込みかもしれないって。

――有名なかき氷専門店は冬でも行列ができるという話しを聞いたことがあります。

ある有名店に調査で行ったときは、真冬なのに3時間並びました。しかも、運が悪いことにそのときは上司が一緒で、部下として申し訳ないことをしてしまったなと…。

――会社員としては辛いエピソードですね(笑)。ただ、そんな調査を続ける中で、「かき氷は夏の食べもの」という認識が徐々に変わっていったわけですね。

そうですね。これまでのかき氷は、夏の暑さを和らげるために食べるお菓子という位置づけでしたが、専門店の登場でスイーツとして一年中受け入れられるようになったんだと思います。そんな味をご家庭でもおいしく、手軽なお値段で楽しんでもらいたいという思いから生まれたのが「ティラミス氷」です。

こだわりポイントはココアパウダーと氷の粒

――ティラミス味にした理由は何ですか。

何個か試作を重ねて、昔からある定番スイーツのティラミスがお客様に一番親しみやすい味かなと思って、この味を選びました。

――この「ティラミス氷」は赤城乳業との共同開発ですよね。開発の際にこだわったポイントを教えてください。 

20160604-IMG_0363
1 2次のページ
もぐナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。