体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タベアルキスト】湘南きゅうり園~食材のルーツを辿る旅 其ノ3(後編)~産地を巡る冒険

f:id:tabearukist:20160527232003j:plain

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストKikutaniです。

レストランで見かける様々なブランド食材。

単に【良いもの】と感じがちですが、本当の姿は意外と知らないもの。

タベアルキストが美味しい料理として提供してくれるレストランと、その生産現場の両面から食材の魅力に迫ります!

3回目の食材は幻の「きゅうり」です。

サラダやお漬物として脇役ポジションを確立している「きゅうり」。

ちょっと地味ですかね? でも、脇役にしておくにはもったいない「きゅうり」があるとしたら? どうぞお付き合い下さい!

~幻の「きゅうり」の栽培農家を訪ねて~

f:id:tabearukist:20160527230134j:plain

前回訪れた平塚のフレンチ「マリー・ルイーズ」。

そこで提供される幻の「きゅうり」【相模半白節成】を栽培している「湘南きゅうり園」へやってきました。

道中、カッパの描がかれたタンクがお迎えしてくれました。さすが「きゅうり」の産地!

f:id:tabearukist:20160527230443j:plain

今回取材させていただくのは、農園主 吉川貴博さん。

幻の「きゅうり」復活に情熱を傾ける、若き農家さんです。

サラダの脇役で終わらない「きゅうり」を目指して、ブランド化の難しい「きゅうり」一本で農家を経営されています。

「きゅうり」のハウスにお邪魔します!

f:id:tabearukist:20160527230604j:plain

さっそく、ハウスの中にお邪魔しました。

出迎えてくれたのは、青々と育つ「きゅうり」の苗たち。

取材時はちょうどクリスマス頃に種をまいたものが、収穫期に。

今回は「マリー・ルイーズ」でいただいたものを中心に様々見せてもらいました。

春先のきゅうりは、パリッとした食感の良さが特徴で、夏のきゅうりは水分を多く含むためみずみずしさが増すそうです。

f:id:tabearukist:20160527230739j:plain相模半白節成

これが幻の「きゅうり」、【相模半白節成】。

昭和4年頃に誕生しましたが、病気に弱く、昭和30年代後半(ちょうど昭和の東京オリンピックの頃)を境に、急速に栽培が減り「幻」の存在になってしまいました。

太めでずんぐりした形、その名の通り下半分が白いのが特徴です。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。