ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ガジェ通秋葉原制覇】秋葉原で一番美味しいワンタンの店を見付けたので報告したい @『麺屋きむら』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

秋葉原を制覇するべく前進し続けるガジェット通信の“秋葉原制覇”ですが、果たして終わりはあるのでしょうか?

移り変わりの激しい秋葉原の街ですので、飲食店の入れ替わりも激しく、全てを制覇したと思っても、別な新店がオープンしたりするので、ある意味エンドレスな予感で御座います。

しかし!

何はともあれ筆者(YELLOW)に出来る事は、ただただ食べ続けるのみであります!

昼しか営業していないストイックな『麺屋きむら』

「秋葉原の美味い店は外周にある」

という説を唱える筆者で御座います。中心部は資本力のある大手チェーン店の進出が目立つのですが、ちょっと離れた辺りには昔から営業している店が多いのです。

というわけで、今回は秋葉原駅からちょっと歩いた場所に位置する『麺屋きむら』を紹介してみましょう。

店の正面入り口は路地裏にあり、超至近距離にある『ふくよし』同様に分かりにくいロケーションなのですが、裏口側は道路側に面していて、微妙な看板もあるのでスマホでナビれば迷う事はないと思われます。

しかし!

日曜祝日が休みな上に昼間しか営業していないので、意外と訪れた事がある人は少ないのではないでしょうか?

『わんたん麺』を所望する!

湯河原育ちの筆者は小田原系ラーメンを食べて育ったので、ラーメンと言えば『わんたん麺』こそ至高の存在で御座います。

なので『わんたん麺』がある店は、極力チェックするようにしているのです。

この『麺屋きむら』は麺は自家製の卵麺、ワンタンの皮も毎日手作りなので楽しみですね。

ちなみに『麺屋きむら』は土曜日はサービスデーになっていて、今回は麺類とセットメニュー、中華丼、炒飯が100円引きになっていました。

なので初見であれば、まずは100円引きの可能性が高い土曜日に訪れるのがオススメです。

『わんたん麺』を食す!

写真だと伝わりにくいかもですが、ラーメンの丼が結構大きいのでボリュームがあります。

最近は高台の小さい“小洒落た小さな丼”が流行りですが、あの丼だとスープが少ないので筆者的には、コチラの方が好みですね。

ビジュアルは、まさに昔ながらの“中華そば”を彷彿させる感じで、落ち着いています。

鶏ガラを軸に豚骨と鯵節で作るスープが旨し!

澄んだスープは僅かに節系の香りがあり、非常に食欲をそそられます。

ギトギトに脂が浮かんでいる事もなく、食べる側を威嚇する要素は何ひとつありません。

しかし!

そのスープは滋味深く、鶏ガラの旨みが良く出ていますね。

見た目同様、落ち着いたラーメンなので、この手のラーメンが好きな人にはハマる味かと存じます。

自家製の卵麺が抜群である!

変な保存料を一切加えていない『麺屋きむら』の自家製卵麺は中細で、このスープに良く合いますね。

加水率が高めでツルツルなのですが、卵麺ならではのコシの強さと風味が出ています。

麺量もバッチリなので、あまりお腹が空いていない時に“大盛り”にすると危ない予感ですが、この麺の美味しさなら大盛りも正解かと存じます。

最近の最先端を走るラーメンも良いのですが、時には『麺屋きむら』のようなラーメンを体が欲するのは筆者だけでしょうか?

自家製のワンタンも文句無しの出来映え!

ワンタンに関しては絶対に妥協しない筆者ですが、この『麺屋きむら』のワンタンは皮が自家製という事もあり、秋葉原エリアでは確実にトップクラスの美味しさで御座います。

ワンタンの餡も多めだし、ワンタンの数も多いので満足感が高めです。

このくらいの美味しさであれば『ワンタン麺』ではなく、あえて『ワンタン』(700円)と炒飯や中華丼を組み合わせるのも良いですね。

安定の具材も手抜き無し!

チャーシューは腿肉と思われ、昨今の肩ロースを低温調理したチャーシューに比べると、単純な美味しさでは負けるかもしれません。

しかし!

腿肉の“みっしりした美味さ”と言うか味は、昔ながらのラーメンの定番であり最高のパートナーなので、この『麺屋きむら』のラーメンには、このチャーシューがベストかと存じます。

その他の具材は可もなく不可もなしですが、そつなくまとまっていて、どれも普通の美味しさです。

若干、最近の半熟を意識した“味玉”に比べると、ちょっと火が入って黄身に色が付いちゃったぞ感はありますが、逆に味玉まで手作りしているという証しでもあるので、筆者的には問題ありません。

むしろ、デフォルトで味玉が入る事に感謝したいくらいです。

『わんたん麺』 総評

とにかく秋葉原でワンタンを欲したら、この『麺屋きむら』に駆け込むのがベストでしょうか?

ツルリとした食感のワンタンを思う存分エンジョイする事が可能です。

自家製の卵麺も美味しく、全体的に落ち着いた感じのラーメンですが、味の方は間違いないと断言出来ます。

確かに秋葉原周辺には洗練されたラーメンの名店が多数ありますが、この『麺屋きむら』のラーメンが一番好きと言う人がいるのも納得出来る一杯でした。

それでは、是非みなさんも秋葉原に来たら少し足を伸ばして、この『麺屋きむら』に訪れてみて下さい。

ちなみに最近は土曜日の臨時休業が多いので、臨休の時は向かいの『ふくよし』でリカバリーする事も覚えておくと幸せになれますよ。

『麺屋きむら』

住所:東京都千代田区神田和泉町1-9-8

営業時間 11:00~15:00 土曜日11:00~14:00 
定休日:日曜祝日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP