体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】秋葉原で一番美味しいワンタンの店を見付けたので報告したい @『麺屋きむら』

kimu-wantan022_R

秋葉原を制覇するべく前進し続けるガジェット通信の“秋葉原制覇”ですが、果たして終わりはあるのでしょうか?

移り変わりの激しい秋葉原の街ですので、飲食店の入れ替わりも激しく、全てを制覇したと思っても、別な新店がオープンしたりするので、ある意味エンドレスな予感で御座います。

しかし!

何はともあれ筆者(YELLOW)に出来る事は、ただただ食べ続けるのみであります!

昼しか営業していないストイックな『麺屋きむら』

kimu-wantan002_R

「秋葉原の美味い店は外周にある」

という説を唱える筆者で御座います。中心部は資本力のある大手チェーン店の進出が目立つのですが、ちょっと離れた辺りには昔から営業している店が多いのです。

kimu-wantan020_R

というわけで、今回は秋葉原駅からちょっと歩いた場所に位置する『麺屋きむら』を紹介してみましょう。

店の正面入り口は路地裏にあり、超至近距離にある『ふくよし』同様に分かりにくいロケーションなのですが、裏口側は道路側に面していて、微妙な看板もあるのでスマホでナビれば迷う事はないと思われます。

kimu-wantan003_R

しかし!

日曜祝日が休みな上に昼間しか営業していないので、意外と訪れた事がある人は少ないのではないでしょうか?

『わんたん麺』を所望する!

kimu-wantan005_R

湯河原育ちの筆者は小田原系ラーメンを食べて育ったので、ラーメンと言えば『わんたん麺』こそ至高の存在で御座います。

kimu-wantan019_R

なので『わんたん麺』がある店は、極力チェックするようにしているのです。

この『麺屋きむら』は麺は自家製の卵麺、ワンタンの皮も毎日手作りなので楽しみですね。

ちなみに『麺屋きむら』は土曜日はサービスデーになっていて、今回は麺類とセットメニュー、中華丼、炒飯が100円引きになっていました。

kimu-wantan018_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy