体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

白金触媒式カイロって何?

そろそろ寒い季節の到来と言う事で、今回は冬のアウトドア必須のアイテムである白金触媒式カイロを紹介します。どう~ですか~? この懐かしいというかレトロというか一周して可愛いアイテム。
まず懐炉(カイロ)と言えば“使い捨てカイロ”が昨今の主流ですが、それまでは白金触媒式カイロが主流でした。
すでに白金触媒式カイロを知らない世代も多いと思うので、ここで軽くカイロの歴史をつづってみましょう。

カイロの歴史

古くは温石と呼ばれる物が江戸時代からあったらしいのですが、これは温めた石を布で包むだけの簡易な物で発熱は持続しません。カイロと呼ぶにはほど遠い代物です。
その後、江戸時代後期には灰式カイロと呼ばれるカイロの原型が登場します。これは金属製の容器に木炭末と灰を詰めた物で、ある程度の時間は暖かさを持続できる物でした。現在も特殊な用途で使用されており、例えば“真冬の天体観測”等でレンズの結露防止のために使われることがあります。

そして1923年に矢満登商会(後のハクキンカイロ株式会社)より『ハクキンカイロ』が発売されます。これはベンジンをプラチナ触媒で“触媒燃焼”させることにより、短時間で燃料が尽きてしまうこともなく24時間ほどの燃焼時間を確保することに成功した画期的な発明でした。
というわけで『ハクキンカイロ』によって白金触媒式カイロの登場となるわけですが、初期の頃はベンジンが入手しづらく高価なこともあり、あまり一般的ではなかったようです。主な納入先は時代的な背景もあり“軍隊”だったりします。しかし戦後になると、ハクキンカイロ株式会社以外のメーカーも数社立ち上がり、ベンジンも多少は入手しやすくなって一般庶民にも普及し始めます。

そして使い捨てカイロが全盛の現在でも白金触媒式カイロは南極などの極地で使われたり、登山やアウトドアなどでは確固たる地位を築いています。なんと言っても圧倒的な熱量(暖かさ)と持続時間、シンプルゆえに故障知らずと言った理由で支持されているようです。
筆者も冬はコレなしで真冬のアウトドアをエンジョイする気にはなりません。寒さで凍えながらレジャーを楽しめるのは一瞬だけで、寒いと感じ始めると楽しさなぞ吹き飛んでしまい、後はひたすら我慢の世界になってしまいます……。

白金触媒式カイロの使い方

そんな白金触媒式カイロの基本的な使い方も紹介しておきましょう。コツと言うほどではありませんが、使い方を間違えると白金触媒式カイロの良さを100%引き出せません。

まず白金触媒式カイロに使う燃料ですが基本的には“メーカー純正のベンジン”を使ってください。燃料用として売られているベンジンならばどれでも使えるのですが、カタログ通りの性能を発揮するためにはメーカー純正のベンジンを使ったほうが無難です。安いベンジンを使うと“使用時間が短くなったり発熱量(暖かさ)が少ないことがある”ということを知っておきましょう。

もっとも“ベンジン自体が意外とそこら辺に売ってない罠”と思われるかもしれませんが、ドンキホーテなどの量販店や大きなドラッグストアに行くと売っていることが多いです。ちなみにシーズン商品なので冬に買い求めるのがベターです。
ベンジンは室内の涼しい場所で保存しておけば、大抵の場合は翌年も普通に使えるので、春になって余ったベンジンを捨てる必要はありません。
他にも“ホワイトガソリン”を燃料として使うことができます。ホワイトガソリンは『ジッポー』などのオイルライターで使われる燃料です。そして『ジッポー』のホワイトガソリンが入っている小さな容器は“白金触媒式カイロの予備燃料を持ち歩くのに最適なアイテムである”とも言っておきましょう。
言うまでもないことですが“ホワイトガソリン”と自動車やバイクの燃料で使う“ガソリン”は別物なので気をつけましょう。ホワイトガソリンと違い自動車などで使うガソリンはエンジンの摩耗を防ぐために“添加剤”が入っているので、白金触媒式カイロの触媒を傷めたり使用時に“有毒なガス”が出る危険性があります。
白金触媒式カイロで使える燃料は“ベンジンとホワイトガソリンだけ”と覚えておきましょう。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。