体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

原子炉は原爆つくるための装置、核分裂は本質的に核兵器のもの-小出裕章さんが指摘する原発の真実

すくらむ

今回はすくらむさんのブログ『すくらむ』からご寄稿いただきました。

原子炉は原爆つくるための装置、核分裂は本質的に核兵器のもの-小出裕章さんが指摘する原発の真実

先日、池田信夫さんがライブドアBLOGOSに「原子力への偏見と発見」という記事 を書いていました *1。その記事の冒頭には、「朝日新聞は『原発と原爆は同じだ』という非科学的なキャンペーンを執拗に続けている。人々の恐怖に迎合して新聞を売る彼らのやり方は、戦時中の報道と同じように歴史の裁きを受けるだろう」とあります。

*1:「原子力への偏見と発見」2011年10月09日『BLOGOS』
http://news.livedoor.com/article/detail/5924323/

「原発と原爆は同じだ」という言葉で思い出したのが、京都大学原子炉実験所助教・小出裕章さんの言説です。9月22日に津田塾大学で「原子力=核を選んだ世界の末路」と題した小出さんの講演が行われました。以前、このすくらむブログで、「原発なしでも電力は足りている-京都大学原子炉実験所助教・小出裕章さんの主張」*2 を紹介したときに、小出さんご本人からメールをいただいてそのときからすっかりファンになっていたので一度直接お話をうかがいたいと思って参加したわけですが、そのかいあって講演と質疑応答含めて4時間近く原発をめぐる多くの論点についてじっくりお話を聴くことができました(そのうえ、私自身も小出さんに直接質問することもでき大きな収穫を得たのでした)。

*2:「原発なしでも電力は足りている-京都大学原子炉実験所助教・小出裕章さんの主張」2011年04月04日『すくらむ』
http://ameblo.jp/kokkoippan/entry-10851020441.html

池田信夫さんは、「原発と原爆は同じだ」などというのは“非科学的”な“偏見”に過ぎないと言いたいようですが、科学的な結論は「原爆をつくるために原発はつくられ、これからも必要とされている。原子炉は電気をつくりたくてつくったものではなく、原爆をつくるためのものだ」ということです。

それでは、「原子力=核を選んだ世界の末路」と題した小出裕章さんの講演要旨の一部を以下紹介します。(by文責ノックオン。ツイッターアカウントはanti_poverty)

 
いま現在起こっている福島第一原発事故の問題を考える際に、歴史的な過去をどう引きずって起きた原発事故であるのかという点を正確に見ておかなければならないと私は考えています。

東京大空襲(344機のB29の火薬総量)の10倍の爆発力を持った広島・長崎の原爆

1945年3月10日、東京大空襲により東京は一面焼け野原になりました。344機ものB29が雨あられと爆弾を落とし東京を焼き尽くし10万人もの人が焼き殺されました。同じ年の8月、たった1個の原爆の投下によって、広島14万人、長崎7万人もの人が一瞬にして殺されたのです。

東京大空襲のとき飛来した344機というのは、1機目のB29が滑走路から飛び立ってその1分後に次のB29が飛び立っていくとして、滑走路から全機が飛び立つまでになんと6時間もかかるのです。このとてつもない数のB29が飛来し、下図(※レジュメ資料より)にあるように落とした爆弾の火薬総量が1685トンです。

原子炉は原爆つくるための装置

一方、広島と長崎に飛来したのは気象観測機を含めてたったの3機です。広島原爆1個の火薬総量は16キロトン(1万6000トン)、長崎原爆1個の火薬総量は21キロトン(2万1000トン)で、344機ものB29からの爆弾によって東京一面を焼け野原にした東京大空襲の火薬総量の10倍という爆発力を持つのが原爆なのです。

“原子炉”は原爆をつくるための装置 核分裂反応の持つ性質が100%花開いて原爆になった

なぜ、たった1個の原爆が、344機ものB29の10倍も上回る爆発力を持つにいたったのでしょうか。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。