体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画あり】Ferrari 488GTB [ガジェ通カーレビュー]

488GTB_9

男性なら一度は憧れたことがある (かもしれない)自動車メーカーといえば『フェラーリ』ですが、なんとFerrari Japanさんのご協力で、『488GTB』というモデルに試乗することができました。お値段なんと約36000000円!!

試乗や撮影を担当するスタッフはもちろんですが、ガジェット通信のスタッフのみなさんも「3600万円の車ぶつけちゃったらどうするんだよ」や「フェラーリ、マジやばい」などと、どよめくくらいの期待感のなか、2日間に渡る試乗レビューを敢行しました。

ただしそこはガジェット通信、ぼくたちに車を120%かっこよく見せることは高難度すぎるので、ぼくらが普段よく行く場所に「フェラーリ」で行ってみることにしました。
サザエさんのオープニングのような気持ちでご覧いただけたらと思います。

フォトレビュー

488GTB_1

神田明神 (境内)

488GTB_2

神田明神 (正門)

488GTB_3

「ラジオ会館」前

488GTB_4

「カレーは飲み物」前

0524_ガジェ通_フェラーリ_2048px-14

「富士そば 秋葉原電気街店」 前

488GTB_8

「牛丼専門 サンボ」前

488GTB_7

「1ポンドのステーキ・ハンバーグタケル」前

0524_ガジェ通_フェラーリ_2048px-10

「肉の万世 秋葉原本店」 付近

488GTB_6

ガジェット通信 御用達 「とり善 」前

488GTB_5

いかがでしたでしょうか。すいぶんと個人的なロケーションになってしまったかもしれませんが、ここからは少し真面目なレビューをさせていただきます。

エクステリア

488GTB_10

これが『Ferrari 488GTB』です。「フェラーリレッド」とも称される「ロッソコルサ」色のカラーリングが燦然と輝いています。背景の青い海(東京湾)との対比が存在感をより高めてくれているかのようです。ちなみに、ナンバープレートは“488”。

488GTB_18

“跳ね馬”のエンブレムはノーズだけではありません。まるで都内を走るパトカーの警視庁ロゴのように、左右のフロントフェンダーに比較的大きめの“跳ね馬”エンブレムが配置されています。余談ですが、タレントのビートたけしさんは、ご自身の「フェラーリ」のエンブレムを“コマネチしている馬”のマークにカスタムしているそうです。「フェラーリ」がいかに成功者の証かが伝わってきますね。

1 2 3次のページ
まがりんの記事一覧をみる

記者:

車担当。 q@magarin.net

TwitterID: magarin_14

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy