ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自撮り、金メダル、フクロウ…新しい絵文字72個、今月下旬にも追加へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メールやメッセージに欠かせない絵文字。初期はさまざまな表情のフェイスマークが主だったが、最近では動物や食べ物、乗り物などバラエティに富む。

その絵文字が、さらに充実する。Unicodeを制定した米国の非営利団体、ユニコードコンソーシアムは、新しい絵文字72個を今月下旬にも新Unicodeバージョン9.0に加えると発表した。

・オリンピックを意識?

追加される絵文字は、その時のトレンドを反映しているものが多い。今回、まず目を引くのは、スポーツの充実ぶりだ。今夏開催されるオリンピックを意識しているのか、レスリングや体操、水球、フェンシングの選手や、柔道着の絵文字もある。

また、数字入りの金、銀、銅メダルも。オリンピック開催時には世界中で活躍しそうだ。

・動物や食べ物も充実

その他には、最近のトレンドを表して自撮りが加わり、また性差別をなくそうと意識してか女性版サンタも。

また、動物類も一気に増え、ゴリラにキツネ、シカ、サイなどが並ぶ。鳥類のフクロウやアヒルなどは、ほのぼのしていて人気を集めそう。一方で、トカゲやサメといった、利用シーンがかなり限定されそうなものもある。

グルメの人には、アボカドやバゲット、パエリアなどの食べ物の絵文字も重宝しそうだ。

新バージョン9.0は今月21日に認可され、間もなく使えるようになる見込み。いち早く新絵文字をチェックしたい人はこちらからどうぞ。

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP