体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スチャダラパーBoseが車を愛しすぎた社長と語りつくす。「輸入車も国産車も分け隔てなく好き。そう言えるのっていいね」

▲酒井社長(右)とすっかり意気投合し、話が止まらないBoseさん。お店が藤沢に移転する前からBoseさんはこのお店が気になっていたそうです

▲酒井社長(右)とすっかり意気投合し、話が止まらないBoseさん。お店が藤沢に移転する前からBoseさんはこのお店が気になっていたそうです

居心地のいい場所を作るのって、とても勇気がいるんだよ

日本のヒップホップシーン最前線でフレッシュな名曲を作り続けているスチャダラパーのMC、Boseが中古車情報誌『カーセンサー』にてお届けする人気連載「Bosensor」。カーセンサー本誌で収録しきれなかったDEEPでUNDERGROUNDな話をお届けっ!!

今回はガッティーナにお邪魔した記事(関連リンク参照)の後編です。

編集部ペリー(以下、ペリー):いやあ、輸入車はもちろん国産車も今じゃなかなか見かけない珍しい車がたくさんありましたね。

Bose:しかも決して夢物語じゃない現実的な価格設定のものばかりだから、いろいろ欲しくなっちゃうね。カーセンサー本誌で紹介したG11系シャレードはサイズ感といいデザインといい、完璧なモデルかもしれないし。今までまったく眼中になかった車に驚かされるのも、中古車屋さんに足を運ぶ楽しみだってあらためて思ったよ。

酒井社長:Boseさん、せっかくだからこっちでコーヒーでも飲みませんか?

Bose:うわっ、モノが溢れているけれどなんか妙に落ち着いた空間。とても商談スペースとは思えないですね。

酒井社長:遊びに来てくれたお客さんがくつろいでいかれたりもするので。だからうちではこのスペースをブックカフェと呼んでいます。

▲カフェスペースに置かれた小物はどれも懐かしさを感じさせるものばかり。お店には看板猫がいることもあり、猫の小物もたくさんありました

▲カフェスペースに置かれた小物はどれも懐かしさを感じさせるものばかり。お店には看板猫がいることもあり、猫の小物もたくさんありました

Bose:自分の好きなもので埋めつくされた本当に居心地のいい空間を作るのは夢なんだよね。僕も時々作りたいなと思うけれど、ふと我に返って「いや、まだダメだ」って(笑)。自分の理想を求めるためにはもっと頑張らないとって思うの。ところで社長はこのお店をオープンしたときから今と同じような車を扱っていたのですか?

酒井社長:僕はもともとメカニック志望で輸入車ディーラーに就職したんです。ところが当時の僕はちょっと生意気で入社前の面接にジーンズで行ったりしていたので、上司が「こいつは新車担当ではなく中古車をやらせた方がいい」と判断したんです。しかもメカニックではなく営業をしろと。で、フィアット ウーノやアウトビアンキ A112、ルノー キャトルなどを売っていました。独立したときもA112なんかをチョコチョコと。でも修理の方がメインでしたね。

Aさん:ねえ社長、作業終わったから確認してみて。OKなら全部締めちゃうからさ。

酒井社長:あっ、わかりました。すぐ行きますから少し待っててくださいね。Boseさん、すみません。ちょっとだけ抜けていいですか?

Bose:どうぞどうぞ。ところで今の方は誰ですか?

酒井社長:うちのメカニックです。アルバイトで手伝ってもらっているんですよ。

Bose:そうなんだ。バイトの人が社長にタメ口で話して、社長が敬語って……。社長の人柄やアットホームなお店の雰囲気が出すぎだよ(笑)。

酒井社長:言われてみれば、僕に敬語を使うスタッフは1人もいないかもしれないです(笑)。

Bose:すごいな。何ナイズされた店だかわからないよ(笑)。

平日の昼間なのに車好きのたまり場に。しかも社長がその中に溶け込んで……

▲酒井社長が好きな車ばかりを集めたら輸入車も国産車も変わったものばかりに!「●●専門店と言えたらいいけど、難しいですね」と笑います
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。