ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヤッホーブルーイングから“かつおぶし”クラフトビールが登場 ただしアメリカ限定!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


サザエ「カツオ―!」
カツオ「ね、姉さん……」

漫画好きとしては、“「カツオ」ぶし”ときくと某国民的テレビアニメを思い起こしますが、なんと、ビールがかつおぶしなのだそう。変わり種クラフトビールがまた登場したようです。

「え、かつおぶしがビールってどゆこと? ハテサテ?」 と思われたみなさま。

ヤッホーブルーイングから“かつおぶし”クラフトビール『SORRY UMAMIIPA』が7月から登場 ただしアメリカ輸出限定!


“ビール”といってもクラフトビールは、「みかんエール」「ゆずエール」「かぼちゃエール」「リアル・ジンジャー・エール」など……ちょっと調べただけでも変わり種ビールが沢山。飲んでも調べても浴びるほど飲んでも飽きのこない存在。

もちろん普通のクラフトビールも美味しいのだけどね。

で、今回のかつおぶしエール『SORRY UMAMIIPA』は、クラフトビール『よなよなエール』を販売するヤッホーブルーイングが手掛けた2016年7月より開始するアメリカ輸出向け新製品。

ジャパン×ドイツ×アメリカと、お国コラボしまくりのクラフトビール『SORRY UMAMIIPA』

■クラフトビール先進国アメリカで販売! 特徴は日本素材「かつおぶし」
『SORRY UMAMIIPA』は、クラフトビール先進国アメリカで、ジャパニーズクラフトビールをアピールするため「日本らしさ」にこだわり、一番の特徴は日本独特の素材「かつおぶし」を採用したこと。かつおぶし由来のうま味成分(アミノ酸)が、個性的で華やかなアロマをつくりだすのだそう。

■ドイツ産の新種のホップ!
さらに、ドイツ産の新種のホップを積極的に使用することで、桃や熟したブドウなど数種類の果実香が複雑に絡み合うユニークなビールに仕上がっているのだとか。

■パッケージは歌舞伎と日本画だ!
パッケージは、日本らしさを全面にアピールするため、傾奇者(カブキモノ)のモチーフと、日本画をイメージした荒々しい波のデザイン。

ざっぱーん!

“かつおぶし”クラフトビール『SORRY UMAMIIPA』は、7月よりカリフォルニアやニューヨークをはじめとした各州で発売予定だそう。クラフトビール好きは、アメリカご旅行の際などチェックしてみては。

サザエ「さーて、来週のよなよなエールさんは?」

ヤッホーブルーイング公式サイト

http://yonasato.com/

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。バレエと漫画が好き。特技は漫画の早読み。 おでかけとヒキコモリをいったりきたり。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP