ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDIがau夏モデルとしてスマートフォン5機種とタブレット1機種を発表 バットマンコラボモデルも

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


KDDIは5月31日、『au発表会 2016 Summer~CHANGE!~』を開催。Androidスマートフォン5機種とAndroidタブレット1機種、Androidベースの携帯電話1機種を発表しました。

個別に3キャリアから発表済みの『Galaxy S7 edge』『Xperia X Performance』に加えて今回発表されたスマートフォンは5機種。


auオリジナルブランド“Qua(キュア)”シリーズのスマートフォン『Qua phone PX』とタブレット『Qua tab PX』が発表されました。今回はいずれもLGエレクトロニクス製で、ホワイト、ネイビー、ピンクの3色をラインアップ。デザインも統一感があります。



『Qua phone PX』はOSにAndroid 6.0、5.2インチフルHD(1920×1080)ディスプレー、1610万画素カメラ、1.4GHz+1.1GHzオクタコアCPU、2GBのRAMと16GBの内蔵メモリー、3000mAhバッテリーを搭載。本体カラーはホワイト、ネイビー、ピンクの3色。下り最大150Mbpsの『au 4G LTE』、VoLTE、防水、防じんに対応します。7月上旬に発売を予定。



『Qua tab PX』はOSにAndroid 6.0、8.0インチWUXGA(1920×1200)ディスプレー、500万画素カメラ、1.5GHzオクタコアCPU、2GBのRAMと16GBの内蔵メモリー、4800mAhバッテリーを搭載。本体カラーはホワイト、ネイビー、ピンクの3色。下り最大150Mbpsの『au 4G LTE』、防水、防じんに対応します。こちらも7月上旬に発売を予定。


京セラ製『TORQUE』は、昨年の夏モデルとして発売した同スペックのハードウェアに、ブルーの新色を追加。OSをAndroid 6.0にアップデートして出荷し、アウトドアでの使用に向けたポータルアプリ、釣課を記録できるオリジナルの釣りアプリをプリインストールします。昨年の夏モデルでもOSのバージョンアップと追加アプリの提供を予定しているとのこと。



『TORQUE』はOSにAndroid 6.0、4.7インチHD(1280×720)ディスプレー、1300万画素カメラ、1.4GHzクアッドコアCPU、2GBのRAMと16GBの内蔵メモリー、2910mAhバッテリーを搭載。下り最大150Mbpsの『au 4G LTE』、VoLTE、防水、防じんに対応します。7月上旬に発売を予定。


HTCが4月にグローバルで発表した『HTC 10』を発表。ハイレゾ対応のイヤホンを同梱するほか、本体上部のツイーターと下部のウーファーにより、イヤホンなしでも高音質を実現する『BoomSound 2.0』に対応。大きな画素で明るく撮影できる『HTC UltraPixel 2』、F1.8の明るいレンズ、高速オートフォーカスに加えて、メインカメラもインカメラも光学式手振れ補正に対応する高性能カメラも特徴です。



『HTC 10』はOSにAndroid 6.0、5.2インチWQHD(2560×1440)ディスプレー、1200万画素カメラ、2.2GHz+1.6GHzクアッドコアCPU、4GBのRAMと32GBの内蔵メモリー、3000mAhバッテリーを搭載。本体カラーはカメリア レッド、カーボン グレイ、トパーズ ゴールドの3色。下り最大370Mbpsの『au 4G LTE』、VoLTE、防じんに対応します。6月中旬に発売を予定。


シャープ製の携帯電話『AQUOS K』は、拡大鏡や迷惑電話撃退サービスの追加など使いやすさを向上させているほか、ユーザーの行動に合わせて音声やテキストで案内するアシスタント機能『エモパー』を携帯電話で初めて搭載しました。



『AQUOS K』は3.4インチQH(960×540)ディスプレー、1310万画素カメラ、1.2GHzクアッドコアCPU、1410mAhバッテリーを搭載。下り最大150Mbpsの『au 4G LTE』、VoLTE、防水、防じんに対応します。6月下旬に発売を予定。



スライドでは発表されませんでしたが、シャープ製スマートフォン『AQUOS』では『AQUOS SERIE』と『AQUOS U』の2機種を発表。『AQUOS SERIE』はドコモ、ソフトバンクからも発売されるフラッグシップモデルで、画面の素早い動きや遷移を滑らかに表示できる『ハイスピードIGZO』ディスプレー、高性能カメラや画像処理技術が特徴。auオリジナルの『AQUOS U』は普及価格帯でありながら、『IGZOディスプレー』、3010mAhの大容量バッテリーを搭載する、十分な機能を備えているモデル。

『AQUOS SERIE』はOSにAndroid 6.0、5.3インチフルHD(1920×1080)ディスプレー、2260万画素カメラ、2.2GHz+1.6GHzクアッドコアCPU、3GBのRAMと32GBの内蔵メモリー、3000mAhバッテリーを搭載。本体カラーはホワイト、ネイビー、コーラルピンクの3色。下り最大370Mbpsの『au 4G LTE』、VoLTE、防水、防じんに対応します。6月中旬に発売を予定。



『AQUOS U』はOSにAndroid 6.0、5.0インチHD(1280×720)ディスプレー、1310万画素カメラ、1.5GHz+1.2GHzオクタコアCPU、2GBのRAMと16GBの内蔵メモリー、3010mAhバッテリーを搭載。本体カラーはミントブルー、エレガントブラック、シルキーホワイトの3色。下り最大225Mbpsの『au 4G LTE』、VoLTE、防水、防じんに対応します。6月下旬に発売を予定。




変わり種の端末としては、既に発売されているサムスン電子製の『Galaxy S7 edge』に、バットマンをモチーフにした限定モデル『Galaxy S7 edge Injustice Edition』の発売が発表されました。DCコミックのヒーローとヴィランが登場するゲーム『Injustice: Gods Among Us(インジャスティス 神々の激突』とコラボしたモデルで、バットマンロゴを背面にあしらい、VRヘッドセット『Gear VR Black Edition』とバットマンのコスチュームを連想させる『Injustice Edition スペシャルカバー』、ゲームやVRコンテンツに使えるバウチャーが同梱されます。『au Online Shop』で100台限定の販売で、予約受付開始日は後日発表予定。端末については今回は第1弾という位置づけで、夏モデル第2弾の発表も予定しているとのこと。



サービスでは、世界32の国と地域で、24時間980円(税別)で利用できるデータ通信定額プラン『海外データ定額』を8月から提供するほか、auショップの訪問予約ができる『au STAR パスポート』、契約期間と契約のデータ量に応じて『au WALLETポイント』を還元する『au STRA ロイヤル』、登録ユーザーに特典を提供する『au STAR ギフト』から構成するプログラム『au STAR』を発表しました。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP