ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

本家本元!たまたま見つけたオリジナルの亀の子束子(small G)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
本家本元!たまたま見つけたオリジナルの亀の子束子(small G)

今回はsmall Gさんのブログ『small G』からご寄稿いただきました。

本家本元!たまたま見つけたオリジナルの亀の子束子(small G)

家の風呂掃除に何を使うか・・・。

今回引っ越した家では銀色のメッシュのついたスポンジを使っていましたがなんとなくスッキリこないことと、ちょっと使い続けるだけでみるみるうちに繊維がほつれたりスポンジの素材にカビが生えて使いたくなくなったりということを繰り返していました。

以前、あるウェブページで日本の誇る亀の子束子(たわし)の長い長い記事を読んだことがあって今度何か機会があってこの本物の亀の子束子に出会ったら絶対に買って使おうと思っていたら今日現チャリで移動している時に偶然このお宝に出会いました。

亀の子束子はその発明後、雨後の筍のごとく類似品が登場してきたらしいのですが、最後まできちんと性能を保つ亀の子として生き残ったのはやはり本家本元のこの会社のものだけ。

私が子供の頃は母ちゃんは確かに亀の子束子を使っていましたが、本当に本家本元のものであったか否かなど今では確かめるすべもありませんが、今日自分が手に入れたものはプラスチックの袋に入っていましたが、昭和の頃のものはオレンジ色の紙に包まれていたような・・・?

とにかく今日は偶然入った通りがかりの安売りショップで手に入れた280円で小さめのサイズのものを買って帰りました。風呂場に入ってそそくさと袋を破り、いそいそと掃除を開始。
メタルのところで風呂の浴槽を傷つけないようにしながらもゴシゴシときれいにしました。

もとより汚れはなかったのですが、やっぱり本家本元ってなんかいい感じがしました。w
300円ちょっとで幸せになった今日の私でした。

執筆: この記事はsmall Gさんのブログ『small G』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2016年5月30日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。