体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

進化系ガールズバンド サンナナニ 敬愛するユウ(ex.GO!GO!7188)率いるチリヌルヲワカと2マン実現! 結成半年、7月にワンマン開催も

進化系ガールズバンド サンナナニ 敬愛するユウ(ex.GO!GO!7188)率いるチリヌルヲワカと2マン実現! 結成半年、7月にワンマン開催も

 昨年末結成、今年より都内にてライブ活動をスタートさせた新バンド、サンナナニが5月26日 ライヴハウス 六本木VARIT.でユウ(ex.GO!GO!7188)率いるチリヌルヲワカとの2マンライブに出演。歴戦のロックバンドを相手に堂々たるアクトを披露すると共に、7月13日にワンマンライブを開催することを発表した。

 実力派女性ミュージシャンとして活躍してきたAZUMA HITOMI、ひぐちけい、Uの3人がライブバンドの頂点を極めるべく結成したサンナナニ。ガールズバンドの台頭目覚ましい昨今の音楽シーンに、新たな可能性に満ちた強力なスリーピースバンドとしてロックファンの間では早くも話題に。年明けより都内を中心に出演してきたライブでは毎回のように新曲を披露するなど、急激なスピードで日々進化を遂げている2016年最注目の存在だ。

 そんな彼女たちが、2000年代に女性2名を中心としたスリーピースながら、当時NO.1ライブバンドとの定評も高かったGO!GO!7188の元メンバー ユウ(g,vo)、ザ・コレクターズのメンバーでもある阿部耕作(dr)、トリッキーなプレイで名を馳せるイワイエイキチ(b)の3人で活動するロックバンド、チリヌルヲワカとの対バンを5月26日 六本木VARIT.にて実現させた。

 同じスリーピースのガールズバンドということで、“GO!GO!7188の再来”とも称されるサンナナニだが、メンバーのAZUMA HITOMI(Syn-B,vo)はかねてよりGO!GO!7188ファン(特にユウ)を公言しており、東京公演はほとんど観たと豪語するほどの筋金入り。そのユウが参加し、同じスリーピース編成であるチリヌルヲワカと肩を並べての2マンは、ひぐちけい(g)とU(dr,vo)にとっても並々ならぬ気合の入る舞台となった。

 ライブはサンナナニのステージよりスタート。ドラムボーカル、ギター、シンセベースボーカルという近年のシーンでは異色のスリーピースから繰り出されるアグレッシブなアンサンブルで、序盤より会場を圧倒。エッジの利いた荒々しいロックサウンドから、歪んだ重低音が生み出す奇妙な世界観がきらびやかに昇華していくミドルチューンまで、それぞれにキャラクターが強いオリジナル曲を次々に披露していく。

 さらに、イギリスを代表するポストロックバンド、ニュー・オーダーの「クラフティー」日本語バージョンに加え、GO!GO!7188「紅い月に吠える夜」をユウの目の前でカバーする挑戦的な一幕も。これには会場に集まったチリヌルヲワカファンから、ひときわ大きな歓声を集めていたのが印象的だ。

 一方、後輩ともいうべきサンナナニにこれだけ痛快なアクトを見せつけられたチリヌルヲワカも、当然ながら負けてはいない。歴戦のキャリアに裏付けされた強固なアンサンブルと、和を感じさせる美しいメロディ。6月6日から始まるアルバム『ShowTime』リリースツアーを控えた彼らの、畳み掛けるように繰り出されていく力強いサウンドはより研ぎ澄まされており、スリーピース独特の緊張感と相まった唯一無二の存在感で終始会場を盛り上げ、象徴的な対バンイベントとなったこの日を見事に締めくくった。

 こうして憧れにして同じ3人編成の大先輩を前に、堂々とした痛快なアクトを見せつけてくれたサンナナニだが、この日のMCでは新たな重大発表も行われた。結成からわずか半年の彼女たちが、7月13日 渋谷・TSUTAYA O-nestにて、早くもワンマンライブ【はじめての微熱。】を開催するというのだ。

 現時点では音源のリリースも無ければ、ライブで演奏したオリジナル曲は10曲にも満たない。昨年末に結成され、今年の2月より本格的な活動を開始させたばかりの新生バンドだが、今回のチリヌルヲワカとの2マンをはじめ、これまで出演してきたライブでは、そのキャリアの短さを感じさせない衝撃的なアクトで観衆を毎回のように驚嘆させ、さらなる活動を熱望されていた。

 すでに音楽シーンから熱い注目を集め始めている彼女たちだけに、AZUMA HITOMI、ひぐちけい、Uそれぞれのファンはもちろん、耳の肥えたロックファン、音楽ファンにとって必見のステージとなることは間違いだろう。また、サンナナニは5月より公式LINEアカウントを開設しており、当アカウントを「友だち登録」すると、【はじめての微熱。】のチケットをいち早くゲットできる先行予約がスタートしたことも合わせて発表された。

 さらに6月には、ユウと同じく元GO!GO!7188のターキー(dr)が在籍するla la larksとの対バンや、渋谷一帯を舞台にしたサーキット型フェス【YATSUI FESTIVAL! 2016】など、数々のライブ出演も決定している。2016年、音楽シーンの台風の目とも言われる進化系ガールズ・トリオ・バンド サンナナニの快進撃はまだ始まったばかりだ。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。