ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】伝説のウサギ島に行ってみた / 野生のウサギが船をお出迎え! 癒やしとウサギの聖地・大久野島

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆さんは、ウサギだらけのウサギのパラダイスともいうべき「ウサギ島」が、日本に存在するのをご存知だろうか? その島のウサギの数は人間よりも多く、700~1000匹も生息しているといわれている。飼われているウサギはおらず、すべて野生。にもかかわらず、人間になつき、逃げることなくナデナデさせてくれる。

・700匹以上のウサギが棲む
そんなウサギ島はどこにあるのか? 広島県竹原市の沖合3キロほどの海域に位置する「大久野島」だ。この島は第二次世界大戦時に毒ガス実験や研究の施設があったため、「地図にも載らない呪われた島」として知られていたが、1971年に8匹のウサギが放たれてから自然に増殖し、700匹以上のウサギが棲むウサギ島になったのである。現在は、ハート形の島としても有名になっている。

・ウサギたちのパラダイス
ウサギ島には犬や猫などのウサギの天敵がいないため、自生している植物や人間から与えられたエサでのびのびと暮らすことができ、どんどん増殖していったと言われている。たまに鳥に連れ去られるウサギもいるようだが、犬や猫が島に入り込まない限り、ウサギたちのパラダイスは続くだろう。

・船着場でウサギが待ってる!?
本州から大久野島に行くには、JR忠海駅で下車し、徒歩3分ほどの場所にある港からフェリーで向かう。1日に数十本のフェリーが出ているので、急がなくとも大丈夫。港の乗船券販売機で乗船券を購入し、フェリーに乗れば、15分ほどで大久野島に到着だ。運が良ければ、船着場でウサギが人間たちを待っててくれる。もちろん人間にやらされているのではなく自主的に。

・あぁ~心がぴょんぴょんするんじゃあ~!
船着場には駐車場と休憩所があるのだが、そこらじゅうをウサギが走り回っているため、「日常的な生活にウサギを投入した光景」が楽しめる。通常では考えられないウサギだらけの人間界。まさに心がぴょんぴょんする光景と言えるだろう。素晴らしい光景に興奮したのか、恥ずかしげもなく「あぁ~心がぴょんぴょんするんじゃあ~!」と叫んでいる男性グループもいた。

・ニンジンがいちばんの大好物
ウサギはとても人懐っこく、人間に寄ってきてじゃれてくる。エサをあげると喜ぶが、ニンジンがいちばんの大好物のようだ。エサは島で手に入らないので、忠海駅に隣接したファミリーマートで野菜を買うか、港でウサギ専用のエサを買うといい。しかし、絶対にあげてはならないエサがある。それはタマネギ。ウサギにとって非常に有害なエサであり、死亡することも頻繁あるため、絶対に与えてはならない。

・新幹線で行くと便利
広島市から向かう場合のアクセスルートは、JR広島駅からJR三島駅まで新幹線で行き、そこからJR呉線でJR忠海駅まで行くのがポピュラー(所要時間は約1時間20分で2460円)。JR広島駅からJR山陽本線でJR忠海駅まで直通で行けなくもないが、到着まで2時間かかるだけでなく、本数が少ないため、時間と財布に相談しつつ決めたい(1320円)。

大久野島(ウサギ島)
住所: 広島県竹原市忠海町大久野島
新幹線: 広島駅~三島駅~忠海駅(忠海港) 2460円
山陽本線: 広島駅~忠海駅(忠海港) 1320円
フェリー: 忠海港~大久野島 往復620円

もっと詳しく読む: 伝説のウサギ島に行ってみた(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/05/29/usagi-shima/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP