体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今、日本人の間でオーストラリアの人気が再燃している4つの理由

オーストラリア政府観光局によれば、このところオーストラリアに向かう日本人観光客の数が大幅に増えているのだとか。2016年2月は前年の同じ月と比較すると33.1%の増加。その前の1月も24.2%、2015年12月も12.5%などと、ずっと増加が続いています。その理由は何なのでしょうか? 

前年度比33.1%増!今オーストラリアの人気が再燃しているわけ

そこで今回は各方面の情報を参考に、今オーストラリアの人気が再燃してい理由をまとめます。「いつか行きたいな~」と思っていた人にとっては、今のトレンドこそいい機会かも。

1:羽田からも! オーストラリアは直行便が充実している

前年度比33.1%増!今オーストラリアの人気が再燃しているわけ

オーストラリア旅行の人気が再燃している理由の1つは、やはりオーストラリア行きの直行便が羽田空港に就航したからだと考えられます。

もともと日本航空(JAL)、カンタス航空、LCCのジェットスターによって成田国際空港や関西国際空港が、ケアンズやブリスベン、ゴールドコースト、シドニーと結ばれていました。

しかし2015年12月11日から、羽田空港とシドニーを結ぶ全日本空輸(ANA)の便が就航したのです。羽田を22:10に出ると、シドニーは翌朝の 8:30~9:30。帰りはシドニーを21時前後に出て翌朝の午前5時前後に着といったスケジュールです。関東に住んでいる人はもちろん、地元の空港が羽田空港とだけつながっているような地方在住の人にとっても、すごく便利ですよね。

2:英語ネイティブの親日家が多い

前年度比33.1%増!今オーストラリアの人気が再燃しているわけ

オーストラリアは英語の国。英会話を勉強中の人にはうれしい旅先です。

また、オーストラリア人の中には日本語を勉強する人が少なくありません。その数は29万6千人ほど。日本語を学ぶ人が多い世界の国ランキングでは4位ですね。

実際に筆者の知り合いも現地滞在中、オーストラリア人の友人が勤める私立小学校の日本語の授業に飛び入りで招かれた経験があるとか。オーストラリアの子どもたちに書道を教えてきたといいますが、子どもたちも「愛」や「神社」などと書いて喜んでいたそう。

オーストラリアはサッカーの国際大会などでも同じアジアの枠で戦う身近なライバルです。英語圏の国なのですが、ちょっと親近感があるのですよね。

3:治安が良く気候がいい

前年度比33.1%増!今オーストラリアの人気が再燃しているわけ

旅先で気になる問題は治安。その点、オーストラリアは安全だと言われています。少し古い2000年の資料ですが、国連によれば日本とオーストラリアの犯罪発生件数はそれほど変わらないと分かります。

例えばオーストラリアの殺人件数は1年間で302件。一方の日本は637件です。もちろん日本の方が人口が多いですし、外務省からもオーストラリアの治安について注意が出されていますが、安全な印象はありますよね。

また、主要な観光地のあるエリアは1年を通じて気候が良く、晴れ間も多いです。例えばシドニーは地中海性気候に属し、1年のうち340日以上が晴天です。冬は寒いと言っても、平均最高気温が16度近くまで上がります。やはり過ごしやすい旅先ですよね。

4:都市と自然の観光スポットが豊富

前年度比33.1%増!今オーストラリアの人気が再燃しているわけ

単に直行便が多く、英語が通じて、治安がいいだけではありません。オーストラリアには、何度も行きたくなるような観光スポットが豊富にそろっています。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。