ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国一有名な日本人、カンナムの貯金は300円だった

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜ー木曜16時30分からの番組「GROOVE LINE Z」(ナビゲーター:ピストン西沢)。5月26日のオンエアではゲストに話題の異色K-POPアイドル、カンナムさんをお迎えしました。

カンナムさんは、韓国で人気のHipHopグループ「M.I.B」に在籍していますが、日本国籍を持つ日韓のハーフで、生まれと育ちは東京という異色の経歴を持つ人物(ちなみに本名は滑川康男)。ですので日本語もペラペラ! 気さくで親近感の湧くキャラクターが韓国で人気爆発。現在、韓国のバラエティで引っ張りだこなのです。そして遂に5月25日、「Ready to Fly」で日本デビューを果たしました。

ピストン西沢の「韓国で今、売れまくってるらしいじゃん」との言葉に、「そうなんですよ。すごい人気なの! バラエティにいっぱい出てるんですよ。(中略)韓国で一番有名な日本人です!」と、気持ち良いくらいに認めてくれました(笑)。これが全然嫌味に感じないのが、カンナムさんの魅力なのです。“カンナム”といえば、PSYの大ヒット曲「カンナムスタイル」が連想されますが、「あれ僕がやってれば、すごい売れてたのに!」と悔しそうに…(笑)。

現在、韓国のテレビ番組ではバラエティだけでなく、本業の歌手としても活躍中で、出演する歌番組は視聴率1位にもなっているそうです。韓国のテレビ事情について、「韓国のテレビ番組はキツイっていうイメージしかないんだけど」と言うピストン。それに対してカンナムさんは、「そんなに日本と変わらないですよ。バラエティの撮影時間は長かったりしますけど。24時間回して1時間流したりとか」。これには思わずピストンもびっくり。日本と全然違うじゃないですか(笑)。

話はいろいろな方向に脱線しつつ、ようやく本題のデビュー曲「Ready to Fly」について。「がんばっていこうよ! 転んだって違う景色が見えるさ! だから心配するなよ! 走っていけよ! という曲でございます」とカンナムさん。今回、なぜこういったメッセージを選んだかというと…

「大変だったんですよ、いろいろと。お金がなかったりして…。でも諦めずに韓国でがんばったら売れたから。そういうことをやってたら、周りの人たちから『カンナムを見てたら元気が出るよ』って話を聞いて。じゃあ、歌でもこういう歌を歌おうって」

曲に込めた思いを熱く語ったのですが、「でも僕、歌詞を一切書いてなくて。書いてもらって」と、いちいちオチをつけてくれます(笑)。

中学まで日本で育ち、ハワイの高校に進学するも退学…それから日本のアメリカンスクールに通っていたというカンナムさん。これを聞いたピストンは「芸能人になるかプータローになるか二つに一つの人だよね」と分析。すると「そうかも! それ結構言われます!」と納得してしまったカンナムさん。

そんなカンナムさんに、ピストンから「目指すところはどこ?」という質問。「僕、欲がいっぱいあって。ジェイミー・フォックスさん(アメリカの俳優・ミュージシャン)みたいになりたくて。演技もできるし、音楽も完璧だし、おもしろいことも全部できるし。そういう完璧なエンターテイナーになりたいです」(カンナムさん)。

今後も日本と韓国を行き来して大忙しのカンナムさんですが、忙しいのが一番良いとのこと。「今まですごい大変だったの。お金がなくて。番組で通帳公開したんですよ。そしたら300円しかなくて。『あ、このコ大変なんだ』って思われて売れたんで」と、売れない時代の極貧事情を語ったカンナムさん。ちなみに、今の貯金をと聞くと「言えないです!」と即答。「じゃあ結構入ってるな」とさらにピストンが攻めると、笑ってごまかされてしまいました。ということは…!?(笑)

このキャラクターなら日本でも大ブレーク間違いなし!? のカンナムさん。今後の活躍に要注目です!

【関連サイト】
「GROOVE LINE Z」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

春のイメチェンにおすすめ、韓国発の「ドファサルメイク」(2016年03月10日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/03/post-1270.html

ピストンが紹介したドライバー・佐々木雅弘氏が優勝!(2016年05月23日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1629.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP