ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneを使ってマルチアングル撮影!最大5台の映像をつなげられるアプリ「GroupClip」が楽しそう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スポーツなど動きのあるシーンを撮影するとき、さまざまな角度から撮影すると、より迫力ある動画が制作できる。

テレビ局などプロの世界では普通に行われていることだが、これをスマホでも可能にするアプリ「GroupClip」がこのほどリリースされた。

複数のスマホで撮影された映像を編集して一つの作品に仕上げられるというもの。iPhoneなどiOSデバイスを5台までつなげることができる。

・いいとこ取りの作品に

例えば、スケートボードを撮影するとしよう。ボーダーがランプで技を決める瞬間を、仲間が周辺のあちこちの角度からGroupClipで撮影し、アップロードする。

すると、アプリ内でそれぞれの端末で撮られた映像をつなぎ合わせ、“いいとこ取り”したコラボムービーが作成できる。1回のセッションでつなげられる端末は最大5台。それぞれが撮影クルーとなるわけだ。

・タップするだけのラクラク編集

編集が簡単なのもGroupClipの売り。それぞれの端末がとらえた映像をスクリーンに表示しながら、使いたいコマをタップしてつなぎ合わせていく。

そして、映像には音楽がつきものだが、端末内にある著作権フリーのものならBGMとして加えることも可能だ。

・Android版も開発中

先に、スケボー撮影を例に挙げたが、撮影者は必ずしも全員同じ場所にいる必要はない。

それぞれの端末がWi-Fiや通信回線につながっていさえすれば、世界あちこちで撮影された映像を作品にまとめることが可能だ。

GroupClipは現在のところiOSデバイスでのみ利用でき、Android版は開発中とのこと。ダウンロードは無料で、アプリ内課金による追加機能が間もなく加わる見込みだ。

GroupClip

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP